先頭レコードに移動するボタンの設置:Access物販向け顧客管理

標準のレコード移動ボタンは小さくて使い難いので、大き目のボタンをコントロールウィザードを使って配置します。

今回は初めに先頭レコードに移動するボタンを配置します。

スポンサーリンク




BackHomeへ戻る Backメニューへ戻る

■ コントロールウィザードをONにする

まずコントロールウィザードが開始できるように設定します。
リボンの[フォームデザイン]−[デザイン]−コントロールグループの右端にある下ボタンをクリックします。
コントロールグループの右端にある下ボタンをクリック

下の[コントロールウィザードの使用]をONにします。
ONの場合、左のアイコンが反転表示されます。
[コントロールウィザードの使用]をON

スポンサーリンク



■ボタンを配置する

1.リボンの[フォームデザイン]−[デザイン]−コントロールグループの[ボタン]を選択します。
2.フォーム上にドラッグし配置します。
コントロールグループの[ボタン]を選択

コマンド ボタン ウィザードが開きます。
1.種類から[レコードの移動]を選択します。
2.ボタンの動作から[先頭のレコードに移動]を選択します。
[次へ]ボタンをクリックします。
コマンド ボタン ウィザード

今回はボタンの表示を画像にしないで、文字にします。
ボタンの表示を画像にしないで、文字に

先頭レコードへ移動ボタンが配置できました。
フォームビューで問題なく動作するかどうか確認してください。
先頭レコードへ移動ボタンが配置

Down-DownこれまでのAccess物販向け顧客管理ソフト 作成手順
14.郵便番号入力で住所を自動表示 - プロパティの住所入力支援を使います
13.郵便番号を半角の定型入力にする - 自動的に半角にし「000-0000」の形式で入力
12.生年月日の日付を定型入力にする - 入力が簡単になり、入力ミスを防止
11.性別をオプションボタンを使い選択するよう変更 - 入力が簡単になるようにテキストボックスから変更
10.自動でふりがなを振り、カーソルを停止しないようにする - ふりがなウィザードとタブストップで設定します
9.コントロールのサイズを調整し位置を整列する - ドラッグ・プロパティ・リボンのメニューで行います
8.テキストボックスの複数行入力とスクロールバーを無効にする - フォームウィザードではデフォルト
7.登録日に今日の日付を既定値に設定する - 既定値とは、新規レコードに表示されているデータ
6.オートナンバー型の顧客ID入力枠の設定 - 表示専用にします
5.顧客マスター入力フォームの作成 - フォームウィザードを使って作成

関連する記事関連する記事
コントロール ウィザードの使用/不使用
レコードを移動する : Access(テーブル)
コマンドボタンにマクロを割り当てる

スポンサーリンク




BackHomeへ戻る Backメニューへ戻る

Copyright(C) FeedSoft