「見積書・納品書(受領書)・請求書」 For Access の使用方法

数量、単価、金額に小数点が可能。過去データの引用、消費税有無、ロゴ、抽出検索などの多機能なソフトです。

スポンサーリンク




BackHomeへ Back見積・請求・領収書へ

●特徴

Excelで印刷フォーマットが自由に作成可能です。
作成方法については下記の「Excel印刷フォーマット作成方法」を参照してください。

見積・納品・請求は個別にデータを持ち、そのデータは個々に引用可能です。
例えば、見積作成時、過去の請求書の1個の製品又はその請求書全体のデータを利用できます。

印刷書式はそれぞれ4個、合計16個あります。
又、ロゴの指定、振込先の印刷、製品名の名称の変更、検印枠個数等の細かな印刷設定が可能です。
消費税の有無を指定できます。

納品書と同時に物品受領書を作成できます。(個人宛も可能)
請求書一覧では回収の有無、回収日を入力できます。

金額に小数を使用可能です。(なし〜2桁設定)

値引き、分類項目が入力できます。

顧客、日付等それぞれの項目で抽出・並び替えが可能です。
この機能を使うと、おとくいさんと初めてのお客さんで、値引きが異なる場合顧客で抽出したり、
「この製品はいくらで見積りしたかなー」と困った場合、製品名(キーワード)で全見積りから検索できます。
又、期間で抽出し「金額合計」機能で例えば今月の請求金額の合計が簡単に算出できます。

製品名・単位・単価、支払条件等は1度入力すると、2回目以降リストから選択できます。

一覧のデータはエクセル、テキスト(CSV)ファイルに保存可能です。

データファイルはリンクファイルなので用途、年度別等いくつでも作成できます。

■取説を読まない方の為の簡単説明
----- 初回のみ -----
1.小数点以下桁数等を設定します。

2.新規ファイルを作成します。

3.自社情報を入力します。

4.社員を入力します。(自分の名前とかです)

----- 日常 -----
5.初めての顧客の場合、顧客の情報を入力します。

6.見積書で必要なデータを入力し、印刷します。

7.納品書で必要なデータを入力し、印刷します。
  物品受領書もここで印刷できます。

8.請求書で必要なデータを入力し、印刷します。


スポンサーリンク



●はじめに

「見積書・納品書(受領書)・請求書 For Access97」にはAccess97が必要です。
「見積書・納品書(受領書)・請求書 For Access2000」にはAccess2000が必要です。
「見積書・納品書(受領書)・請求書 For Access2002」にはAccess2002が必要です。
Excel印刷を行う為には、MicrosoftExcelが必要です。
Excel印刷はExcel97,Excel2000で動作確認を行いました。

インストール方法

ダウンロードされたファイルは圧縮されています。
1)適当なフォルダを作成し解凍してください。

2)解凍後 Access97の場合mitudeci97.mde を、Access2000の場合mitudeci2k.mdeを、Access2002の場合mitudecixp.mdeを実行してください。

サンプル版では使用制限があります。
最新情報も含め、README.TXTを御覧ください。
完全版と、印刷書式等を変更したい方にはソースファイルもありますのでご利用ください。

右の画像の@〜Eが始めて使用される場合の基本的な順です。この順にそって説明します。


BackHomeへ Back見積・請求・領収書へ

スポンサーリンク




Copyright(C) FeedSoft