小数設定〜データファイルを設定〜マスターを登録:見積書・納品書(受領書)・請求書 For Access

小数の桁数設定とデータファイルの設定方法と顧客・自社情報・社員マスターの登録方法

スポンサーリンク




BackHome Back見積〜領収 Back目次へ

(1)小数設定

小数点以下桁数、項目等を設定します。

a.小数点以下桁数を設定します。

b.小数表示する項目を設定します。これは、入力画面、一覧、印刷等全てに反映します。

c.金額に「¥」マークを表示、印刷するか設定します。
例えば、小数点以下桁数を2桁で入力されたデータを0桁には変更しないでください。(四捨五入される為)
逆に0桁を2桁に変更はOKです。

(2)データファイルを設定

初めての場合や、新年度等でデータファイルを区分したい場合、新規ファイルを作成します。

1.作成するファイル名を入力します。

2.作成するフォルダを設定します。

3.始めて作成する場合は「作成条件」上の「新規に作成」を選択します。
新年度等で顧客などのマスターデータを引継ぎたい場合は、下の「指定ファイルからマスターのみコピー」を選択します。
この場合、コピー元のファイルを指定してください。

「開始」ボタンで作成します。
メニューに戻ると、今作成したファイルが使用する対象ファイルになります。


スポンサーリンク



(3)マスターを登録

顧客、自社情報、社員の入力方法は、ほとんど同じですのでここでの説明も一緒と考えてください。

顧客マスターの場合、個人宛は会社名を入力する必要はありません。 顧客名のみでもOKです。

1.必要なデータを入力してください。
  「位置」の項目は印刷時下のようになります。
  1の場合:株式会社ABC
  2の場合:ABC株式会社2.さらにデータを追加する場合は、「追加」ボタン

3.削除する場合は、まず削除したいデータを下表から選択し「削除」ボタンをクリックします。

4.データを移動させるボタン

5.一覧をプレビュー、印刷するボタン

6.部分は1度入力すると、2回目からは右の▼ボタンで選択できるようになります。

Access2000、Access2002では郵便番号⇔住所変換が可能です。


BackHome Back見積〜領収 Back目次へ

スポンサーリンク




Copyright(C) FeedSoft