一覧・検索〜バックアップ・最適化〜印刷例:見積書・納品書(受領書)・請求書 For Access

見積書・納品書・請求書一覧の操作方法とバックアップ・最適化と印刷例です

スポンサーリンク




BackHome Back見積〜領収

(5)一覧・検索

見積書、納品書、請求書の操作方法はほとんど同じですので、ここでの説明も一緒と考えてください。

1.期間で抽出します。
例えば期間が2001年1月〜2月の場合、「期間」ボタンをクリックし[2001/1/1] [2001/2/28]と入力すると抽出結果をリスト表示します。

2.文字列(キーワード)を製品名から検索します。半角・全角は問いません。例で説明します。
例えば、Access を検索する場合Accessと入力し、「下レコード」ボタンをクリックします。
すると現在のリスト位置から順に下方向に検索します。見つかると、下の欄に青色表示されます。
「下レコード」「上レコード」は見つかるかリストが最終、先頭になるまで検索を続けます。「中止」で中止します。

3.エクセルファイル、テキストファイル(CSV)に保存します。

4.一覧のプレビュー・印刷を開始します。

5.現在のリスト位置の入力画面へジャンプします。

a.表示されている金額を集計します。

b.単価、金額が0円のデータは表示しません。

c.表上で右クリックします。クリックしたデータでフィルタ(抽出)が可能になります。
非選択フィルタを使用すると、それ以外のリストを表示します。

d.表上で右クリックします。クリックした列でソートできます。

[請求書一覧]の回収入力方法
6.回収済みの場合、チェックを入れてください。

7.回収日を入力します。

※.同じ請求Noに回収のチェックがない場合、同じ請求Noデータ全てにチェックと日付が入ります

8.回収状態により抽出を行います。


スポンサーリンク












BackHome Back見積〜領収

スポンサーリンク




Copyright(C) FeedSoft