Access:日付から曜日を取得する|Weekday関数とSwitch関数使用

日付から曜日を取得するクエリの作成方法を掲載しています。

スポンサーリンク



BackHomeへ BackAccessクエリへ

日付から曜日を表示できると、データが見易くなります。

例えば日付別の売上げデータを表示した場合、曜日があると曜日毎の比較が出来るようになります。

また、曜日情報を登録しなくてもいいので、無駄を省けます。

日付から曜日を取得するには、Weekday関数を使います。

Weekday関数は曜日が数値で返るので、Switch関数を使用し「月」「火」などの文字に変換します。

Weekday関数の構文

Weekday([フィールド名] [, firstdayofweek ] )

引数、firstdayofweekは週の第 1 日目の曜日を指定します。(省略可能)

設定値説明
0NLS API の設定を使用
1日曜日を指定 (既定値)
2月曜日を指定
3火曜日を指定
4水曜日を指定
5木曜日を指定
6金曜日を指定
7土曜日を指定

日付から曜日を選択させるには、Switch関数を使います。

Switch関数の構文

Switch(expr-1, value-1 , expr-2, value-2 … , expr-n, value-n )
expr - 評価を行う式

value - 式がTrueの場合に返される値


曜日の表示に関連する「Access:Format関数で日付から曜日を表示する」を掲載していますので参考にしてください。




日付から曜日を取得するクエリの作成手順

デザインビューで作成

リボンの「作成」-「クエリ デザイン」をクリックします。

日付から曜日を取得するクエリを作成

曜日を取得する元のテーブルを追加します。

ここでは注文データベースの「T_注文請書」を使用します。

注文の請書テーブルを追加します

スポンサーリンク



動作確認用のフィールドとして、請書IDと受注日をデザイングリッドに追加します。

曜日を取得する式を入力します。

曜日: Switch(Weekday([受注日])=1,"日",Weekday([受注日])=2,"月",Weekday([受注日])=3,"火",Weekday([受注日])=4,"水",Weekday([受注日])=5,"木",Weekday([受注日])=6,"金",Weekday([受注日])=7,"土")

(かなり長文なので入力が大変な場合、長い式の入力方法を参照してください)

曜日を求める式を入力します

作成したクエリの実行

リボンの「クエリツール デザイン」-「実行」ボタンをクリックします。

曜日を表示するクエリの実行

実行画面です。

受注日の曜日が表示されています。

受注日から曜日を取得したクエリ

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccessクエリへ

Copyright(C) FeedSoft