Access:クエリに長い式を入力する方法|ズームボックスの使い方

長い式を入力するのに便利なズームボックスの使い方を掲載しています。

スポンサーリンク



BackHomeへ BackAccessクエリへ

クエリのフィールドの入力欄は短く一行なので、長い式を入力するには不向きです。

そこで、ズームボックスを使うと入力し易くなります。覚えておいてください。

入力するだけならメモ帳やエディタを使用し、コピー&ペーストでも可能です。

ただズームボックスを使うと、クエリに入力済みの式が開いた時に表示され、編集後の式をフィールドに反映させることができます。

ズームボックスを開くには、右クリックし表示されるポップアップメニューか、ショートカットキーを使用します。

ショートカットキーは[Shift]+[F2]キーになります。

入力画面については「クエリのデザイン画面 - 2種類の表示方法と画面名称」を掲載していますので参考にしてください。




ズームボックスの使い方とショートカットキー

クエリデザイン画面です。

入力するデザイングリッドの上で右クリックします。

入方方法はメモ帳やエディタと同じです。

表示されるメニューの「ズーム」をクリックします。

ショートカットキーの[Shift]+[F2]を押しても表示できます。

クエリのデザイン画面でメニューを表示させる

ズームボックスのウィンドウが表示されるので、式等を入力します。

[OK]ボタンをクリックすると、デザイングリッドに編集結果が表示されます。

ズームボックス画面

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccessクエリへ

Copyright(C) FeedSoft