Access:NULLも含めレコード数をカウントするクエリの作成方法

NZ関数を使い、NULL値をカウントするクエリの作成方法を掲載しています。

スポンサーリンク



BackHomeへ BackAccessクエリへ

Count関数・集計クエリ、共にNULL(何も入力されていない)データはカウントできませんでした。

そこで、NZ関数を使い、NULL値を変換しカウントするようにします。

NZ関数はフィールド値がNULLの場合は0を返し、それ以外は保存されているデータを返します。

構文 : Nz([フィールド名])

同じ種類の「レコード数を調べる - クエリでCount関数使う方法を解説」を掲載していますので参考にしてください。




NULLも含めレコード数をカウントするクエリの作成手順

集計クエリを作成する

リボンの「作成」-「クエリ デザイン」をクリックします。

NULLも含めたレコード数をカウントするクエリの作成開始

カウントする元のテーブルを追加します。

ここでは前回の、集計クエリでレコード数をカウントすると同様に「T_名簿」を使用します。

名簿のテーブルを追加する

IDと住所2をダブルクリックし、デザイングリッドに追加します。

IDは、オートナンバー型で全レコードに入力されています。

住所2は、1件しか入力されていないフィールドです。


次に、NZ関数を使った計算式を入力します。

Nz(住所2) と入力すると 式1:Nz([住所2]) と自動的に整形されます。

NZ関数を使いフィールドに入力する

スポンサーリンク



リボンの「クエリツール デザイン」-「集計」ボタンをクリックします。

集計クエリに変更する

集計欄に移動し、右の▼ボタンをクリックし、表示されるリストから全フィールドを「カウント」に変更します。

集計をカウントに変更する

リボンの「クエリツール デザイン」-「実行」ボタンをクリックします。

集計クエリを実行する

作成した集計クエリの実行画面です。

オートナンバー型のIDは全レコード数である39が、1件しか入力されていない住所2は1となっています。

NZ関数を使用した式1は、NULL値もカウントされ39件となっています。

NULLもカウントされたクエリ画面

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccessクエリへ

Copyright(C) FeedSoft