Access:集計クエリでレコード数をカウントする方法 - 作成手順

Count関数を使わずに、集計クエリでレコード数を取得する方法を掲載しています。

スポンサーリンク



BackHomeへ BackAccessクエリへ

前回、Count関数を使いレコード数を取得しましたが、集計クエリでも調べることができます。

ここではテストで、全レコードに入力されているオートナンバー型のフィールドと、入力されていないフィールドの2個をカウントします。

オートナンバー型のフィールドは新規にレコードが追加されると、自動的にデータも追加されるので総レコード数になります。

方法はクエリデザインのフィールドの集計をカウントに設定することで可能です。




レコード数をカウントするクエリの作成手順

集計クエリを作成する

リボンの「作成」-「クエリ デザイン」をクリックします。

集計クエリを作成する

カウントする元のテーブルを追加します。

ここでは「T_名簿」を追加しました。

名簿のテーブルを追加する

IDと住所2をダブルクリックし、デザイングリッドに追加します。

IDは、オートナンバー型で全レコードに入力されています。

住所2は、1件しか入力されていないフィールドです。

IDと住所のフィールドを追加する

スポンサーリンク



リボンの「クエリツール デザイン」-「集計」ボタンをクリックします。

集計クエリに変更する

集計欄に移動し、右の▼ボタンをクリックし、表示されるリストから「カウント」に変更します。

集計をカウントに変更する

リボンの「クエリツール デザイン」-「実行」ボタンをクリックします。

集計クエリを実行する

集計クエリの実行画面です。

オートナンバー型のIDは全レコード数である39が、1件しか入力されていない住所2は1となっています。

レコード数をカウントした結果

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccessクエリへ

Copyright(C) FeedSoft