Access:レコード数を調べる - クエリでCount関数使う方法を解説

レコード数を取得するクエリの作成方法を掲載しています。

スポンサーリンク



BackHomeへ BackAccessクエリへ

レコード件数は、Count関数を使い求めることができます。

データが入力されていないフィールドはカウントされないので、オートナンバー型のフィールドを指定することで全てのレコードが対象になります。

オートナンバー型は自動的に全てのレコードにナンバーが入力されるからです。

構文は

フィールドの別名 : Count([フィールド名])

関連する「Recordsetでレコード数を取得するサンプル」も掲載していますので参考にしてください。


レコード数を取得するクエリの作成手順

Count関数をクエリで使用する

リボンの「作成」-「クエリ デザイン」をクリックします。

クエリ作成の開始

調べる元のテーブルを追加します。

ここでは「T_名簿」を追加しました。

名簿テーブルを追加する

スポンサーリンク



Count関数を入力します。

名簿テーブルのIDがオートナンバー型なので、このフィールドをカウントします。

登録数: Count(ID) と入力すると自動的に、登録数: Count([ID])  のように整形されます。

Count関数の入力

リボンの「クエリツール デザイン」-「実行」ボタンをクリックします。

クエリの実行

Count関数の実行画面です。

名簿のレコード数が表示されています。

レコード数のカウント結果

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccessクエリへ

Copyright(C) FeedSoft