Access:Excelファイルをインポートするマクロを作成する

Excelファイルをインポートするマクロは、[スプレッドシートのインポート/エクスポート]アクションを使用します。

CSVファイルをインポートする場合のように、インポート定義は必要ありません。

スポンサーリンク




BackHome BackTipsへ Backメニューへ

■ インポート元のExcelファイル

都道府県名と人口が入力されているシートです。
先頭行に項目名は入力されていません。
インポート元のExcelファイル

■ インポート マクロの作成

リボンの[作成]〜 マクロとコード グループの[マクロ]をクリックします。
リボンの[マクロ]をクリックする

1.リボンの[マクロツール]〜[デザイン]〜表示/非表示グループの[すべてのアクションを表示]をクリックします。
2.アクション カタログ ウィンドウの、[データのインポート/エクスポート] 〜 [スプレッドシートのインポート/エクスポート]をダブルクリックします。
[スプレッドシートのインポート/エクスポート]をダブルクリックする

マクロアクション[スプレッドシートのインポート/エクスポート]の内容を設定します。
1.変換の種類は「インポート」です。
2.スプレッドシートの種類は、Excelブックなので「Excel Workbook」になります。
3.作成するテーブル名を入力します。
4.Excelのファイル名をフルパスで入力します。
5.フィールド名の設定を「はい」にすると、Excelの先頭行の項目名がフィールド名になります。 今回のExcelシートには項目名が入力されていないので「いいえ」にします。
6.セルの範囲を指定します。 例: A5:B18
[スプレッドシートのインポート/エクスポート]の内容を設定する

保存し、Excelをインポートするマクロの完成です。

スポンサーリンク



■ インポートするマクロの実行

リボンの[データベースツール]〜マクロ グループの[マクロの実行]をクリックします。
マクロ グループの[マクロの実行]をクリックする

マクロの実行ダイアログボックスが開くので、実行するマクロ名を選択し[OK]ボタンをクリックします。
マクロの実行ダイアログボックス

マクロが実行し、指定したテーブルが作成できました。
インポートしたテーブルのデータシートビューの画面です。
フィールド名を変更したい場合は、テーブルデザインで行ってください。
また、度々マクロを使用するのであれば、Excelに項目名を追加し、マクロの[フィールド名の設定]を「はい」に変更します。
マクロが実行し、指定したテーブルが作成できた

関連する記事
CSVファイルをインポートするマクロを作成する - 定義を作成
Excelからコピー&ペーストでインポートする
Excelを起動しワークシートを開く
フォームにExcelを挿入する
Excelを起動しセルに入力する

スポンサーリンク




BackHome BackTipsへ Backメニューへ

Copyright(C) FeedSoft