Excelを起動しワークシートを開く : Access

Access VBAでCreateObject("Excel.Sheet")を実行すると、Excelオブジェクトが作成され、起動後ワークシートが作成されます。

手動でExcelを開いた状態と同じです。

表示や終了は前回の起動と同じです。

スポンサーリンク




BackHome BackTipsへ Backメニューへ

■ Accessサンプルソフト実行画面
「Excelを起動しシートを開く」ボタンをクリックすると、実行を開始します。
Excel新規シート作成ソフト

Microsoft Excelが開きました。
Sheet1が開いています

このメッセージボックスをクリックするとExcelが閉じ終了します。
Excelのワークシートが開きました

スポンサーリンク



■ Access VBA 実行コード


Option Compare Database

Private Sub コマンド0_Click()
    Dim xls As Object
    'Microsoft Excelのオブジェクトを作成されワークシートが開く
    Set xls = CreateObject("Excel.Sheet")
    '表示する
    xls.Application.Visible = True
    MsgBox "Excelのワークシートが開きました。"
    '閉じる
    xls.Application.Quit
    '終了処理
    Set xls = Nothing
End Sub

スポンサーリンク




BackHome BackTipsへ Backメニューへ

Copyright(C) FeedSoft