Excelと連携できるリンクテーブルを作成する:Access

リンクテーブルを作成すると、Excelの変更内容をAccessのテーブルに反映させることができます。逆にAccessでは編集できません。

ワークシート全体をリンクさせることもできますが、ここでは名前を付け指定したセルの範囲とリンクします。

スポンサーリンク




BackHome BackTipsへ Backメニューへ

■ Excelで準備する

1.リンクするセル範囲を選択します。(項目名をフィールド名にすることができるので、項目名も含めます)
2.名前ボックスに適当な名前を入力します。
リンクするセル範囲を選択し、名前を入力

■ Accessで開始する

リボンの[外部テーブル]〜インポートとリンクグループの[Excel]をクリックします。
インポートとリンクグループの[Excel]をクリックする

外部データの取り込みウィンドウが開きます。
1.ファイル名のExcelのブックを指定します。
2.[リンクテーブルを作成してソースデータにリンクする]を選択します。
外部データの取り込みウィンドウ

スポンサーリンク



■ スプレッドシート リンク ウィザードの開始

1.ここでは[ワークシート]ではなく、[名前の付いた範囲]を選択します。
2.名前を選択します。 下にプレビューが表示されるので確認します。
[名前の付いた範囲]を選択する

最初のExcel画面で、名前を付けた範囲に項目名を含めたので、ここでも[先頭行をフィールド名として使う]にチェックを入れます。
これで項目名がフィールド名になります。
[先頭行をフィールド名として使う]にチェックを入れる

リンクしているテーブル名を入力します。
リンクしているテーブル名を入力する

これでExcelと連携できる、リンク テーブルが作成できました。
リンク テーブルが作成できた

■ Excelでデータを変更してみる

Excelの元データを変更してみます。
注意:Accessでリンクテーブルが開いた状態では、Excelでは読み取り専用でしか開くことができません。 Excelで編集する場合は、Accessのリンクテーブルを閉じておいてください。
Excelの元データを変更する

リンクテーブルを開き直すか、[すべて更新]をクリックするとExcelの変更内容が反映されます。
注意:リンクテーブルはAccessで更新はできないようです。入力も受け付けませんし、下の画像のように、新規レコードの追加ボタンが使用できないようになっています。
[すべて更新]をクリックするとExcelの変更内容が反映される

関連する記事
Excelからコピー&ペーストでインポートする
DDE通信を使用しExcelからデータを取得
ExcelからAccessへインポートする
テーブルをExcelファイルへエクスポート
名前を付けて保存ダイアログを表示しテーブルをExcel形式で保存する

スポンサーリンク




BackHome BackTipsへ Backメニューへ

Copyright(C) FeedSoft