Accessテクニック テーブル : ExcelからAccessへインポートする

ExcelファイルからAccessにインポートする方法です。

フィールド順とフィールド型を合わせておけば、ウィザードにより既存のテーブルへインポートできます。
又、インポート中に新規テーブルを自動的に作成しそこに移すこともできます。

スポンサーリンク




BackHomeへ戻る Backテクニックへ

■ ExcelからAccessへのインポート方法

インポートする、贈答管理のAccessテーブルのデザイン画面です。
贈答の「種類」は数値入力するようにしています、お中元は1、お歳暮は2、その他は3と入力します。
贈答管理データベース

Excelのデータです。
このブックは、贈答管理.xlsxというファイル名で保存します。
Excel贈答管理

スポンサーリンク



Accessの画面からインポートを実行します。

リボンの「ファイル」-「外部データ」(インポートとリンクパネル)-「Excel」をクリックします。
Excelワークシートのインポート

外部データの取り込みのウィザードが開始します。
1)データのインポート元またはリンク元を指定してください。の項目設定
 ここでExcelファイルを指定します。 ここでは、贈答管理.xlsxを指定しました。
2)現在のデータベースのデータ保存方法と保存場所を指定してください。の項目設定
 今回は既存テーブルへインポートしますので、レコードのコピーを次のテーブルに追加するを選択し、取り込み先テーブルを選択します。
 ここでは、T_贈答管理を指定しています。
インポート元とインポート先の設定

スポンサーリンク



BackHomeへ戻る Backテクニックへ

ワークシート インポート ウィザードです。

ワークシートを選択し、「次へ」をクリックします。
ワークシートの選択

元のデータの先頭行が列見出しである場合、これをフィールド名として使うことができます。は変更できないので、「次へ」をクリックします。
先頭行の見出しの指定

スポンサーリンク



これで、データをインポートするための設定は終了しました。で「完了」をクリックします。
ウィザードの終了

インポート操作を保存できます。 保存しない場合はそのままで、「閉じる」をクリックします。
インポート操作の保存

T_贈答管理を開いた画面です。
Excelデータが正常にインポートされています。
贈答管理のデータ表示画面

スポンサーリンク




BackHomeへ戻る Backテクニックへ

Copyright(C) FeedSoft