部品入出庫〜部品一覧:予備部品管理 For Access

消耗部品・故障用部品等の在庫数や在庫金額の管理。部品の見積依頼・発注を行うソフトです。

スポンサーリンク




BackHome Back製造・生産へ Back目次へ

(7)部品入出庫

1.左表から入力する部品を選択します。

2.必要なデータを入力します。
  日付、社員の変更値は記憶されます。

3.入力日の入力済みデータのリストです。
  修正する場合は、このデータをクリックし修正してください。

4.入力されたデータを登録し、在庫数を集計し在庫数に反映させます。(F12キーでも可)

5.見積書・発注書を発行する場合、見積・発注用のデータに追加します。
  リストから部品を選択しこのボタンをクリックします。

6.入出力一覧画面へジャンプします。

7.削除する場合は、まず削除したいデータを右表から選択するか、
  「データ移動」ボタンで移動し、「削除」ボタンをクリックします。
  削除すると、在庫数を集計し在庫数に反映させます。

8.「データ移動」させるボタン

a.「←」ボタンで現在表示されている日付より直前の日付の入力データを検索しジャンプします。
「→」ボタンで現在表示されている日付より直後の日付の入力データを検索しジャンプします。

b.社員マスターウィンドウに移動します。

c.表上で右クリックするとメニューが表示されます。
  これにより、フィルタ(抽出)と並び替えが可能です。
  ・選択フィルタ:カーソルがあるデータで抽出します。
  ・非選択フィルタ:カーソルがあるデータ以外で抽出します。
  ・フィルタ並び替えの解除:抽出、並び替えを解除します。
  ・昇順、降順で並び替え:カーソルがある列の並び替えを行います。

d.cの並び替えを保存し、次回表示時に反映します。


スポンサーリンク



(8)部品一覧

1.部品の一覧を表示します。

2.在庫過不足順にソートします。
「不足のみ」にすると、在庫不足の部品のみ表示します。「不足部品」は在庫不足の部品点数を表示しています。

3.現在表示されているリストの金額を集計し表示します。

4.文字列(キーワード)を検索します。例で説明します。
  例えば、Access が含まれる製品名を検索する場合
  1)製品名の列をクリックしカーソルを移動させます。
  2)Accessと入力し、「開始」ボタンをクリックします。
   すると現在の行位置から順に下方向に検索します。見つかると、その行で停止します。
  3)さらに続ける場合は、「次」ボタンをクリックします。

5.見積・発注用のデータに追加します。
  下表の追加したい部品にカーソルを移動しこのボタンをクリックします。

6.あいまいな文字で抽出を行います。(右図)
  1)抽出項目を選択します。
  2)抽出したい文字(文字の一部でもOK)を入力します。
  3)「抽出」ボタンをクリックします。
    入力した文字が含まれるデータのみ、下表に表示します。
  4)抽出を終了したい場合は「解除」ボタンをクリックします。

7.Excel又はCSV形式でファイルに保存します。

8.印刷プレビュー・印刷を開始します。

a.表上で右クリックするとメニューが表示されます。
  これにより、フィルタ(抽出)と並び替えが可能です。
  ・選択フィルタ:カーソルがあるデータで抽出します。
  ・非選択フィルタ:カーソルがあるデータ以外で抽出します。
  ・フィルタ並び替えの解除:抽出、並び替えを解除します。
  ・昇順、降順で並び替え:カーソルがある列の並び替えを行います。

b.aの並び替えを保存し、次回表示時に反映します。

c.チェックすると「ひらがな入力」になります。



あいまい抽出

BackHome Back製造・生産へ Back目次へ

スポンサーリンク




Copyright(C) FeedSoft