「作業指示書」 For Access の使用方法

製造ソフト・生産ソフト3のメニューへ戻る

治具・測定器と参照ファイルと画像が登録可能な作業指示書です。治具・測定器の点検較正日チェックも可能です。

スポンサーリンク




BackHomeへ Back製造・生産3へ

●特徴

製品・工程に対する指示書を作成し、それに複数の指示内容を登録します。
それぞれの指示内容には画像を登録できます。
画像は画像ビューで拡大・縮小し見ることができます。

指示書にはExcelやPDFファイル等の参照ファイルと、その説明を登録できます。

指示書には、作業に使用する治具や測定器とその使用数や仕様を登録できます。

指示書が改訂された場合は、その改訂内容を登録できます。

指示書はもちろんアクセスで印刷できますが、エクセルでも印刷できます。

治具・測定器は前回の点検較正日と点検較正期間を登録しておくと、実行日をチェックできます。
起動時に自動でチェックさせることもできます。

点検や較正を実施した場合、その結果と記録を登録できます。

データファイルはリンクファイルの為、工程別・製品別等いくつでも作成できます。
又、データファイルはLAN上のフォルダでも使用可能です。
まず付属のサンプルファイルでお試しください。

●はじめに

「 作業指示書 For Access97」には Microsoft Access 97 が必要です。
「 作業指示書 For Access2000」には Microsoft Access 2000 が必要です。
「 作業指示書 For Access2002-2003」には Microsoft Access 2002又は、Access 2003が必要です。
「 作業指示書 For Access2007」には Microsoft Access 2007 が必要です。

・Jpg, Gif, Pngの画像ファイルを表示するにはグラフィックフィルタが必要です。
OfficeでなくAccess単独インストールなどの場合、組み込まれない場合があります。
ご使用のパソコンで付属の画像サンプル等が表示可能か確認してください。
表示できればOKです。
表示できない場合、グラフィックフィルタインストールについて当方のHPのDownloadページに、
「画像(JPEG,GIFなど)が表示されない場合」を掲載していますので参考にしてください。
※画像サイズが非常に大きい場合、表示できない場合があります。

・画像ファイルはデータファイルと同じフォルダの「指示書画像」フォルダ内に
 個々のデータファイルフォルダを作成しそのなかに保存されます。
 従いましてデータファイルを移動したり削除する場合はそのフォルダも移動・削除してください。

・参照ファイルはデータファイルと同じフォルダの「指示書参照」フォルダ内に
 個々のデータファイルフォルダを作成しそのなかに保存されます。
 従いましてデータファイルを移動したり削除する場合はそのフォルダも移動・削除してください。
 参照ファイルは区分する為、ファイル名に日付と時間が加わります。
 
・メインメニュー以外のウィンドウはESCキーで閉じることができます。

・データ入力と一覧のウィンドウはドラッグでウィンドウサイズを変更できます。
 ウィンドウサイズと位置は次回も復元されます。

・表(データシート)の列幅と行高さは変更できます。次回も復元されます。

・Excelで印刷を行なうにはExcelがインストールされている必要があります。
 ExcelはAccessと同じバージョンで動作確認を行なっています。

・インストール方法
ダウンロードされたファイルは圧縮されています。
1)「スタート」-「ファイル名を指定して実行」でダウンロードファイルを選択し、「OK」ボタンをクリックしてください。

2)「解凍先の指定」が出ますのでそのままでよければ「OK」ボタンをクリックしてください。 これで解凍できます。

3)Accessを起動しメニューの「ファイル」-「開く」で解凍フォルダ内の下記ファイルを指定してください。
  Acess97の場合、作業指示書97.mde
  Access2000の場合、作業指示書2k.mde
  Access2002又は、2003の場合、作業指示書xp.mde
  Access2007の場合、作業指示書27.accdeを実行してください。
お好みによりショートカット等を作成し簡単に起動できるようにしてください。

・アンインストール
インストール先のフォルダごと削除してください。

試用版では使用制限があります。
最新情報も含め、お読みください.TXTを御覧ください。

スポンサーリンク




BackHomeへ Back製造・生産3へ

スポンサーリンク




Copyright(C) FeedSoft