Access:データシートビューの列幅や行の高さを調整する方法

列幅と行の高さをの調整方法を画像で解説しています。

スポンサーリンク



BackHomeへ BackAccessテーブルへ

データシートビューとは、1レコードを1行で表示される表形式の画面のことです。

調整は基本的にExcelと同じ方法で変更できます。

数値を入力し変更することもできますし、ドラッグすることもできます。

関連する「データシートビューのフォントを変更する・サイズと色」も参照してください。




データシートビューの列幅や行の高さを調整する

「オペレータ管理」のデータシートを使用します。


■数値入力による列幅の変更

変更したい列の上で右クリックし、表示されるメニューの「列の幅」をクリックします。

(Excelと同様に枠線上でドラッグし変更することもできます)

列のショートカットメニュー

列の幅ダイアログが表示されるので、数値を入力します。

(自動調整ボタンで、データの幅に自動的に合わせることができます)

列幅の調整

■数値入力による行高さの変更

変更したい行の上で右クリックし、表示されるメニューの「行の高さ」をクリックします。

(Excelと同様に枠線上でドラッグし変更することもできます)
行のショートカットメニュー

行の高さダイアログが表示されるので、数値を入力します。

行高さの調整

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccessテーブルへ

Copyright(C) FeedSoft