Access:データシートビューの枠線や色を変更 - 1行おきの背景色

データシートビューはテーブル毎に背景色を変えたり、枠線でさらに見やすくすることができます。

スポンサーリンク



BackHomeへ BackAccessテーブルへ

データ量が多い場合、デフォルトのデータシートビューでは疲れます。

プロパティの設定で、背景色や枠線を見易く変更できます。

ここでは枠線の種類、1行おきの背景色、さらに詳細な設定ができる「セルの表示」ダイアログを解説しています。

1行おきの背景色を変更することで、フィールドが多い横長の表が見易くなります。

関連する「データシートビューのフォントを変更する・サイズと色」も参照してください。




データシートビューの枠線や色を変更する

「名簿管理」のデータシートを使用します。

標準の色や枠線のデータシートビューです。

名簿管理テーブル

リボンの「ホーム」-「フォント」グループで設定できます。

1.枠線の種類を選択できます。

2.1行おきの背景色を設定できます。

3.このボタンで、「セルの表示」ダイアログを表示させ、さらに細かな設定ができます。


下画像では、枠線を横線のみにし、1行おきに緑色で塗っています。

フォントグループの設定

スポンサーリンク



「セルの表示」ダイアログです。

さらに細かな設定が可能です。

セルの表示ダイアログ

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccessテーブルへ

Copyright(C) FeedSoft