Access:番号に該当する値を表示させるクエリ - Choose関数の使い方

Choose関数で数字に当てはまるデータを返すクエリの作成方法です。

スポンサーリンク



BackHomeへ BackAccessクエリへ

番号から該当する値を表示させるには、Choose関数を使います。

例えば3を指定すると、リストから3番目の値を返します。

ここでは、倉庫番号フィールドと倉庫名のリストを引数にしたChoose関数を作成し、倉庫番号から該当する倉庫名を表示するクエリを作成します。

構文 : Choose( インデックス , 値1 , 値2 , ・・・・)

インデックス : 1からの数値フィールドを指定します。 1が値1、2が値2になります。

値 : 1から該当する値を設定します。

同じ種類の「点数を○△×に判定するクエリの作成-Switch関数の使い方」を掲載していますので参考にしてください。




番号に該当する値を表示させるクエリの作成手順

Choose関数をクエリで使用する

リボンの「作成」-「クエリ デザイン」をクリックします。

Choose関数を使うクエリを作成する

表示元のテーブルを追加します。

ここでは「T_商品マスター」を追加しました。

クエリに商品マスターを追加する

スポンサーリンク



実行結果と合っているか確認するため、商品ID 商品名 倉庫番号 を追加します。

倉庫番号に該当する倉庫名を選択する、Choose関数を使った式を入力します。


倉庫名:Choose(倉庫番号,"川口倉庫","山手倉庫","川上冷凍")


倉庫番号がインデックスです。

1の場合"川口倉庫"、2の場合"山手倉庫"、3の場合"川上冷凍"になります。

Choose関数を入力する

リボンの「クエリツール デザイン」-「実行」ボタンをクリックします。

クエリを実行する

実行画面です。

倉庫番号に対応する倉庫名が表示されています。

倉庫名を表示させたクエリ

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccessクエリへ

Copyright(C) FeedSoft