Access:点数を○△×に判定するクエリの作成 - Switch関数の使い方

テストの点数を○△×の3段階に判定するクエリの作成方法です。

スポンサーリンク



BackHomeへ BackAccessクエリへ

○×判定のように2段階判定ならばIf関数を使用できますが、今回のように○△×で分けたり、A〜Eの5段階で評価する場合など、3段階以上で分ける場合にはこのクエリを参考にしてください。

複数の条件の判定は、If関数をネストし行うこともできますが複雑になります、そこでこのSwitch関数を使えばシンプルな式になり、デバッグが容易になります。

構文 : Switch( 条件1 , 値1 , 条件2 , 値2 , ・・・・)

条件に合致すれば、値を返します。

左から右の順に評価されます。

同じ種類の「番号に該当する値を表示させる(Choose関数)」を掲載していますので参考にしてください。




点数を○△×に判定するクエリの作成手順

Switch関数をクエリで使用する

リボンの「作成」-「クエリ デザイン」をクリックします。

点数を評価するクエリの作成

判定元のテーブルを追加します。

ここでは「T_成績表」を追加しました。

成績表を追加します。

スポンサーリンク



実行結果の確認のため、名前ID 名前 点数 を追加します。

判定するための、Switch関数を入力します。

判定:Switch([点数]>=80,"○",([点数]>=70 And [点数]<80),"△",[点数]<70,"×")

80点以上ならば○、80点未満から70点以上は△、70点未満は×を表示させます。

点数を判定する式を入力します。

リボンの「クエリツール デザイン」-「実行」ボタンをクリックします。

作成したクエリを実行します

実行画面です。

点数に応じて○△×が表示されています。

成績の点数が判定された結果のシート

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccessクエリへ

Copyright(C) FeedSoft