Access:リストボックスをウィザードで作成する方法

リストボックスでテーブルのデータから選択する方法を掲載しています。

スポンサーリンク



BackHomeへ BackAccessフォームへ

リストボックスとは、テーブルやクエリのデータ一覧からデータを選択できるコントロールです。

表示される一覧は、テーブルやクエリのデータを表示させることもできますし、別に入力したリストを表示させることもできます。

ここではテーブルと接続する方法や、書式をウィザードで設定する手順を解説しています。

次に「リストボックスに入力した値を使う」を掲載していますので参考にしてください。



フォームにコンボボックスを配置し、テーブルのデータを表示させる方法

新規フォームの作成

リボンの「作成」-「空白のフォーム」をクリックし、フォームを作成します。

フォームの作成

リボンのコントロール選択部分で、「コントロール ウィザードの使用」をONにし、「フォームデザインツール」-「デザイン」の「リストボックス」をクリックします。

ウィザードを使う

フォーム上をクリックし、リストボックスを配置します。

フォームをクリック

ウィザードの設定方法

リスト ボックス ウィザードが始まります。

ここではテーブルデータの一覧を使いたいので上の、「リストボックスの値を別のテーブルまたはクエリから取得する」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

ウィザードの開始

テーブルに表示するテーブルかクエリを選択します。

ここでは、顧客テーブルを使用します。

元となるテーブルかクエリを選択する

表示するフィールドを選択します。

ここでは、「顧客名」「フリガナ」「郵便番号」を選択します。

顧客のフィールドを選択する

並べ替え順を指定する項目と、昇順か降順かを指定します。

並べ替え順を指定する

スポンサーリンク



Excelと同様に列枠をドラッグし、列の幅を指定します。

列幅を変更する

選択したリストから使用するフィールドを指定します。

選択可能なフィールドを指定する

リストボックスのタイトルとして表示されるラベルの標題を入力します。

リストボックスに付けるラベルを指定する

完成したリストボックスを使用する

配置したフォームのデザイン画面です。

フォームデザイン画面

リボンの表示ボタンをクリックします。

表示ボタン

フォームを表示させた画面です。

リストボックスに顧客データの一覧が表示されています。

データ量が多く表示しきれない場合は、スクロールバーを表示させることも可能です。

完成したリストボックス

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccessフォームへ

Copyright(C) FeedSoft