Access:改ページ コントロールの使い方|フォームに配置する方法

印刷時に使う改ページ コントロールをフォームに配置する方法を掲載しています。

スポンサーリンク



BackHomeへ BackAccessフォームへ


改ページ コントロールとは、フォームを印刷した時に次のページに移動させるコントロールです。

例えば、1レコードを1ページに印刷したい場合などに、フォームの最終位置に改ページコントロールを設置し次のページに移動させます。

レポートにも同じ改ページ コントロールがあります、使い方は同じです。

次に「リストボックスをウィザードで作成する」を掲載していますので参考にしてください。



改ページ コントロールをフォームに配置する方法

■ フォームの新規作成

リボンの「作成」-「空白のフォーム」をクリックし、新規にフォームを作成します。
フォームの新規作成

リボンの表示をクリックし、表示されるメニューのデザインビューをクリックします。

フォームのデザインビュー

  1. リボンの「デザイン」-「プロパティ シート」をクリックし、プロパティ画面を表示させます。
  2. プロパティの「レコードソース」を指定します。
    ここでは、T_資産テーブルを設定しました。
レコードソースに資産テーブルを設定

■ 改ページ コントロールを配置

  1. フォームにコントロールを配置します。
    ここでは、1レコードに対するコントロールとして、「品目」「説明」「取得日」「購入価格」のテキストボックスを配置しました。
  2. リボンのフォーム デザインツール - デザイン の 改ページをクリックし選択します。
  3. フォーム上をクリックし配置します。
フォームにコントロールを配置する

改ページ コントロールが配置されました。

フォームの高さをドラッグし、改ページ コントロール位置にピッタリ合わせると、印刷ページが揃いきれいになります。

改ページ位置の調整

スポンサーリンク



■ フォームを印刷

リボンの「ファイル」-「印刷」-「印刷プレビュー」をクリックします。

フォームを印刷する

2ページの印刷プレビュー画面です。

1ページに、1レコードに対する4個のテキストボックスが印刷されています。

2ページを同時に表示させた印刷画面

改ページを使用しなかった場合の印刷プレビュー画面です。

1ページにレコードが連続して印刷されています。

改ページのない印刷画面

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccessフォームへ

Copyright(C) FeedSoft