Access:コンボボックスのリストを変更する方法|値集合ソース

コンボボックス右ボタンをクリックすると表示されるリストの変更方法を解説しています。

スポンサーリンク



BackHomeへ BackAccessフォームへ

値を入力したデータを使うコンボボックスのリストを変更する方法です。

リストのデータは、プロパティの「値集合ソース」に設定されているので、ここを変更します。

テーブルやクエリを使うコンボボックスは、テーブルやクエリのデータを変更することで行えます。

次に「コンボボックスの列数を変更する」を掲載していますので参考にしてください。



■ コンボボックスのリストを変更する方法

コンボボックスのプロパティを開く

変更前のコンボボックスです。

ここに、総務 - 吉田 を追加します。

コンボボックスの実行画面

フォームが表示された画面で、リボンの「ホーム」-「表示」-「デザインビュー」をクリックします。

フォームのデザインビュー

リボンのプロパティシートをクリックし、プロパティ画面を表示させます。
プロパティ画面を表示させる

値集合ソースプロパティを変更する

  1. プロパティの「選択の種類」を変更したいコントロール名にします。フォームのコントロールをクリックしてもOKです。
  2. データ タブにします。
    ここの「値集合ソース」に表示されている内容が、リストに表示されている内容です。
    データをダブルクォーテーション(")でくくり、セミコロン(;)で区切られています。
    ここでは、"製造";"青木";"品質";"大森";"営業";"坂田" となっています。
選択の種類を入力する

スポンサーリンク



  1. この値集合ソースに、;"総務";"吉田" と追加します。
  2. リボンの表示をクリックします。
値集合ソースに入力する

コンボボックスのリストを表示させた画面です。

総務 吉田 が追加されています。

担当者コンボボックス

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccessフォームへ

Copyright(C) FeedSoft