初めての使い方 「メタボリック支援」 For Access

数値と画像で体型の変化が分かる

スポンサーリンク




BackHomeへ Backツールソフトへ

「新規ファイルの作成」ボタンをクリックします。
メタボリックシンドロームソフトのメインメニュー

1)「ファイル名を入力」します
2)作成先のフォルダを設定します。
3)「新規に作成」にし「開始」ボタンをクリックします。
これでデータファイルが作成されます。
新規データファイルの作成

スポンサーリンク



「健診者の登録」ボタンをクリックします。
メタボリック症候群のメインメニュー

1.名前等のデータを入力します。
2.「登録」ボタンをクリックすると登録され、下表のリストに表示されます。
メタボリック シンドローム情報の入力

スポンサーリンク



「健診結果の入力と閲覧」ボタンをクリックします。
メタボリック対策のメインメニュー

「健診結果入力」ボタンをクリックします。
身体測定の結果

1.測定データを入力します。全てのデータを入力する必要はありません。
2.USBカメラからリアルタイムに画像を取り込むか、デジカメ等の画像ファイルを読み込みます。
3.入力したデータを登録します。
身体測定の結果入力

スポンサーリンク



上の2の「正面」か「横向」ボタンをクリックすると表示されるメニューです。
「写真の追加/変更」ボタンをクリックすると、ファイル選択ダイアログが表示されますので、画像ファイルを選択してください。
写真ファイルの読込み

上の2の「USBカメラ」ボタンをクリックすると表示される画面です。
事前にUSBカメラを接続しておいてください。(パソコンの環境によっては使用できない場合もあります)

1.被写体が枠内に入るようにします。
2.「正面」か「横向」ボタンをクリックするとキャプチャーします。
3.キャプチャー画像を登録します。
カメラから取り込み 「推移の閲覧」ボタンをクリックします。
身体測定データの表示

スポンサーリンク



1.測定結果のデータ一覧を表示しています。
2.下に表示する内容を選択します。
3.健診者を変更します。
4.内容を印刷します。

写真は上表のカーソル位置とその前の2回分を表示します。
右下の矢印位置などをドラッグし、見易いウィンドウサイズに変更してください。
健診結果の写真

「ウエスト(腹囲)グラフ」を表示させた画面です。
健診結果のグラフ

スポンサーリンク



印刷結果例
ウエスト測定折れ線グラフ

身体測定の写真

体重グラフ他

スポンサーリンク




BackHomeへ Backツールソフトソフトへ

Copyright(C) FeedSoft