先頭レコードの値を取得する : Access

DFirst関数とDLookup関数を使い先頭レコードの値を取得します。

スポンサーリンク




BackHomeへ戻る Backテクニックへ

●実行フォーム

[先頭レコードの取得]ボタンをクリックします。

先頭レコードの「氏名」と「電話番号」を取得し、テキストボックスに表示されます。

スポンサーリンク



●ソフトの流れ

1)DFirst関数で先頭レコードのIDを取得します。 IDはオートナンバー型なので唯一の値になります。
2)取得したIDを使い、DLookup関数で氏名を取得します。
2)同じく取得したIDを使い、DLookup関数で電話番号を取得します。

●Access VBAコード

Private Sub コマンド0_Click()
    Dim lid As Long
    Dim sname As String
    Dim stel As String
    lid = DFirst("ID", "T_名簿管理")
    sname = DLookup("氏名", "T_名簿管理", "ID=" & lid)
    Me!テキスト1 = sname
    stel = DLookup("電話番号", "T_名簿管理", "ID=" & lid)
    Me!テキスト3 = stel
End Sub

関連記事●関連記事
DFirst、DLast テーブルやクエリから先頭レコードのフィールド値を取得、最終レコードのフィールド値を取得
Dlookup テーブルやクエリからデータを検索できる関数

スポンサーリンク




BackHomeへ戻る Backテクニックへ

Copyright(C) FeedSoft