DFirst関数、DLast関数:Access

Access DFirst関数を使うと、テーブルやクエリから先頭レコードのフィールド値を取得できます。レコードがなければ、Null値が返ります。

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccess関数メニューへ

■ DFirst関数 構文
DFirst(Expr, Domain, Criteria)

■ DFirst関数 引数
Expr : (必須) 戻り値のフィールド名
Domain : (必須) テーブル名またはクエリ名
Criteria : (省略可) WHERE条件式

DLast関数を使うと、テーブルやクエリの最終レコードのフィールド値を取得できます。
レコードがなければ、Null値が返ります。

■ DLast関数 構文
DLast(Expr, Domain, Criteria)

■ DLast関数 引数
Expr : (必須) 戻り値のフィールド名
Domain : (必須) テーブル名またはクエリ名
Criteria : (省略可) WHERE条件式

■ Access実行画面

「先頭レコード」ボタンで顧客マスターテーブルから、DFirst関数を実行します。
「最終レコード」ボタンで顧客マスターテーブルから、DLast関数を実行します。
先頭レコード、最終レコード検索画面

スポンサーリンク



DFirst関数で見つかった顧客名を表示します。
先頭レコード検索結果

DLast関数で見つかった顧客名を表示します。
最終レコード検索結果

■ Access VBA 実行コード

Option Compare Database
Option Explicit
Private Sub コマンド0_Click()
    Dim s1 As String
    s1 = DFirst("顧客名", "顧客マスター")
    MsgBox "先頭レコードは、" & s1 & "さんです。"
End Sub
Private Sub コマンド1_Click()
    Dim s1 As String
    s1 = DLast("顧客名", "顧客マスター")
    MsgBox "最終レコードは、" & s1 & "さんです。"
End Sub

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccess関数メニューへ

Copyright(C) FeedSoft