テキストボックスからコンボボックスに変更する : Access見積書の作成手順

商品コードのテキストボックスをコンボボックスに変更し、商品マスターから選択できるようにします。そうすることで入力ミスを予防できます。

スポンサーリンク




BackHomeへ戻る Backメニューへ戻る

商品コードのテキストボックスからコンボボックスに変更する

商品コードのテキストボックスを選択し右クリックします。 表示されるメニューの[コントロールの種類の変更]−[コンボボックス]をクリックします。
コントロールの種類の変更
  1. コンボボックスに変更された商品コード選択します。
  2. プロパティシートを表示し[データ]タブー[値集合ソース]右端の「・・・」ボタンをクリックします。
[データ]タブー[値集合ソース]

テーブルの表示ダイアログが表示されるので「T-商品マスター」を追加します。
「T-商品マスター」を追加

スポンサーリンク



[商品コード][商品名][単価]をダブルクリックし下表に追加します。

[商品コード][商品名][単価]をダブルクリック

プロパティシートの[値集合ソース]に作成したクエリが表示されました。
プロパティシートの[値集合ソース]
  1. プロパティシートを[書式]タブにし[列数]を 3 にします。
  2. [列幅]に 3;4;2 と入力します。 これは各フィールドの幅なので使いやすいように調整してください。
  3. [リスト幅]に上記[列幅]の合計値を入力します。
[リスト幅]に上記[列幅]の合計値を入力

Frm見積書明細のフォームビュー画面です。 商品コードがコンボボックスから選択できるようになりました。
商品コードがコンボボックスから選択できるようになりました

スポンサーリンク




BackHomeへ戻る Backメニューへ戻る

Copyright(C) FeedSoft