コンボボックスの選択された別のリストを表示する : Access見積書の作成手順

コンボボックスを選択すると、1つのリストは表示されますが別のリストは表示できないので、テキストボックスを追加しそこに表示させます

コンボボックスで顧客マスターから選択すると、顧客IDは表示されますが番号なので内容が分かりずらい為、テキストボックスを追加し選択されたデータの社名を表示するようにします

スポンサーリンク




BackHomeへ戻る Backメニューへ戻る

テキストボックスを追加する

デザイン画面にし、リボンの[フォームデザインツール] - [デザイン]からテキストボックスを選択し、コンボボックスの右横に配置します。
テキストボックスを選択し、コンボボックスの右横に配置します

テキストボックスに自動的に付くラベルを削除します。
ラベルを削除します

スポンサーリンク



プロパティシートで[データ]タブにし[コントロールソース]に =[顧客ID].[Column](1) と入力します。これで顧客IDのコンボボックスの2列目のデータを表示が表示されます。
顧客IDのコンボボックスの2列目のデータを表示が表示されます

[編集ロック]を「はい」にします。
[編集ロック]を「はい」にします

ここには入力できませんという意味で、[書式]タブにし[背景色]を灰色にします。
[書式]タブにし[背景色]を灰色にします

[その他]タブにし[タブストップ]を「いいえ」にします。これでカーソルが移動した場合、ここには停止しなくなります。
[タブストップ]を「いいえ」にします

スポンサーリンク



BackHomeへ戻る Backメニューへ戻る

コンボボックスで選択しテストする

フォームビューの画面です。コンボボックスでデータが選択されていない場合はテキストボックスは空白になっています。
フォームビューの画面です

コンボボックスで顧客を選択します。1番目のリストがIDで2番目は社名になっています。
コンボボックスで顧客を選択します

選択すると、2番目のリストの社名が表示されました。これで分かり易くなり入力ミスを防止できます。
分かり易くなり入力ミスを防止できます

スポンサーリンク




BackHomeへ戻る Backメニューへ戻る

Copyright(C) FeedSoft