商品マスターテーブルの作成 : Access見積書の作成手順

見積書の商品入力は基本的に商品マスターに入力されているデータから選択できるようにします。このようにすると入力ミスの防止にもなります。

スポンサーリンク




BackHomeへ戻る Backメニューへ戻る

■ 新規データベースを作成します

Accessを起動します。
  1. 使用できるテンプレートから、空のデータベースを選択します。
  2. 作成先のフォルダを指定し、ファイル名を入力します。
  3. 作成ボタンをクリックします。
これで空のデータベースファイルが作成できます。
新規データベースの作成

■ 商品マスター テーブルを作成します

Accessが起動すると、既に空のテーブルが作成され開いています。
リボンの「テーブル ツール」-「フィールド」の表示ボタン下の「デザイン ビュー」をクリックします。
テーブルをデザインビューで開く

名前を付けて保存ダイアログボックスが開くので、テーブル名を入力します。ここでは「T-商品マスター」と名付けました。
先頭の「T-」はテーブルであることを表しています。
テーブルを名前を付けて保存

1.以下のようにフィールドを入力します。
  • 商品ID オートナンバー型 (主キー)
  • 商品コード テキスト型 (サイズ50)
  • 商品名 テキスト型 (サイズ50)
  • 単価 通貨型
2.リボンの「表示」をクリックします。
フィールドの入力

スポンサーリンク



「まずテーブルを保存する必要があります。保存してもよろしいですか?」と表示されるので「はい」をクリックします。
テーブルデザインを閉じる

1.サンプルデータを適当に入力します。入力し易いように列幅をドラッグし調整します。
2.×ボタンでテーブルを閉じます。
サンプルデータの入力

「T-商品マスター テーブルのレイアウトの変更を保存しますか?」とメッセージが表示されるので「はい」をクリックします。
レイアウトを保存する

これで、商品マスター テーブルの作成は完了です。

スポンサーリンク




BackHomeへ戻る Backメニューへ戻る

Copyright(C) FeedSoft