日付を年・月・日に分解する(Year関数、Month関数、Day関数)

年を取得するには、Year関数を使います。
構文 : Year([フィールド名])

月を取得するには、Month関数を使います。
構文 : Month([フィールド名])

日を取得するには、Day関数を使います。
構文 : Day([フィールド名])

スポンサーリンク






BackHomeへ BackAccessクエリへ

リボンの「作成」-「クエリ デザイン」をクリックします。
日付を年・月・日に分解するクエリを作成する

分解する元のテーブルを追加します。
ここでは「T_請求書」を使用します。
請求書のテーブルを選択する
動作確認用のフィールドとして、請求書IDと日付をデザイングリッドに追加します。

年を抽出する式を入力します。
年:Year([日付])
月を抽出する式を入力します。
月:Month([日付])
日を抽出する式を入力します。
日:Day([日付])
年・月・日を抽出する関数を入力する

リボンの「クエリツール デザイン」-「実行」ボタンをクリックします。
年・月・日を抽出するクエリの実行

実行画面です。
日付が分解され、年・月・日がそれぞれ表示されています。
日付が分解され年・月・日が表示されたクエリ

スポンサーリンク






BackHomeへ BackAccessクエリへ

Copyright(C) FeedSoft