FeedSoft > お役立ちTips > SEO対策

SEO対策

SEO(検索エンジン最適化)とは
Search Engine Optimizationの略
検索エンジン(Google、Yahoo、MSN等)で自分のホームページに関連するキーワードで検索した場合、自分のWebサイトが上位に表示されるように改善すること。

具体的にSEO対策を行うにはどうしたらいいか。
最近のSEO対策はどうなっているのか調べて見ました。
基本的な事は従来と同じようです。
要点を書き出してみます。


● ホームページ内容の最適化
HTML、CSSの文法
HTMLはW3Cに準拠し作成する
h1タグは一つ使う

<title>タグにキーワードを埋め込む
本文にキーワードを埋め込む
画像のaltにキーワードを埋め込む
キーワードの使いすぎは有益でない

強調する部分は<b>ではなく、<strong>タグを適度に使う

<table>タグでなくCSSを使う

検索エンジンが好むキーワードの選定・最適化
タグを設定し埋め込む
タイトルとキーワードとホームページの内容を合わせる
ディレクトリ構造の最適化(3クリック以内にする)
リンクの羅列は避ける(被リンクの近辺に言葉を付ける)
リンクは画像ではなく、文字か画像+文字にする
リンクは1ページに100個以内にする
リンクはツリー構造にするとクローラが最下層に行きにくい為、

各ページにタイトルタグを記述する
タイトルタグと見出しタグを全ページ異なるものにする
meta keywordsとDescriptionを全ページ異なるものにする

画像に、alt属性は設定する
フレームの使用はデメリットがある
<table>タグを、レイアウトに使わない。<div>タグを使う。<table>タグは表で使う
<table>タグを入れ子で使わない
CSSをHTML内に記述しない。外部ファイルにする

見出しは、画像ではなく文字を使う
パンくずリストを掲載する
誤字をなくし文法を正確に記述する

ファイルサイズは画像なしで30KB以下、画像有りで100KB以下程度にする

● Yahoo! Sitemap, Google Sitemapを導入
検索エンジンに全てのページを収集されやすいように、必要に応じてSitemapを導入致します。

● 検索エンジンへ登録

● 被リンク(バックリンク)の獲得
リンクサイトへの登録
相互リンクのお願い登録(評価の高いサイトほど有効)
アダルトサイトや違法サイトとはペナルティの可能性があるので相互リンクしない
過剰な数の相互はしない

● 更新頻度を高くする

● 情報量(ページ数)を増やす
非常によく似たページは有益でない

● 内容のあるサイトにする
他のサイトとの差別化

● リンク切れのチェックを行う

● アクセス解析プログラムを設置し分析

● 障害の少ない安定しているサーバーを使う
速度が速いサーバーの方がよい

● 独自ドメインの方が有効

● ドメインは使用期間が長いほど有効
● ドメイン名にキーワードを使う


スポンサーリンク





Copyright(C) FeedSoft All Right Reserved