FeedSoft > お役立ちTips >

Flashでボタンの作成


1)メニューの「修正」-「ドキュメント」でドキュメントプロパティから幅80PX、高さ40PXのサイズにしてください。
 このサイズは作成するボタンのサイズに合わせてください。
フラッシュドキュメント

2)矩形ツールでボタンのシェイプを設置します。
3)テキストツールでボタンの文字を入力します。テキストは「静止テキスト」にしてください。
フラッシュテキストのプロパティ

4)矩形のシェイプを選択し、整列パネルで「ステージを基準」をONにし、「中央揃え」と「中央分布」ボタンで中央に移動させます。
5)同様にテキストを選択し、中央に移動させます。
フラッシュのボタン

5)作成したシェイプを全て選択し、メニューの「修正」-「グループ」でグループ化します。


6)メニューの「修正」-「シンボルに変換」でシンボル化します。
フラッシュシンボル変換


「シンボルに変換」フォームで、名前を「btn_home」に(付けたい名前でOKです)、タイプをボタンにします。
フラッシュシンボルタイプ

7)作成したシンボルをダブルクリックし、ボタンシンボルの編集画面にします。
  ボタンは4個のフレームが作成できます・
  ・「アップ」: ボタンが押されていない状態
  ・「オーバー」: マウスカーソルがボタン上にある状態
  ・「ダウン」: ボタンが押された状態
  ・「ヒット」: マウスカーソルを反応させる範囲
8)タイムラインの「オーバー」の上で右クリックし、メニューの「キーフレームの挿入」をクリックします。
フラッシュキーフレーム

9)マウスカーソルがボタン上に来たときの状態を作成します。
 ここでは、ボタンの色を黄色にしました。
 ツールの「バケツツール」をクリックし、カラーの塗りを黄色にし、ボタン上でクリックします。
フラッシュボタンの作り方

10)タイムラインの「ダウン」の上で右クリックし、メニューの「キーフレームの挿入」をクリックします。
フラッシュフレームを挿入

11)ボタンが押された時の状態を作成します。
 ここではボタンの色を緑にしました。
 ツールの「バケツツール」をクリックし、カラーの塗りを緑色にし、ボタン上でクリックします。
フラッシュボタンを塗る

12)タイムラインの「ヒット」の上で右クリックし、メニューの「キーフレームの挿入」をクリックします。
フラッシュキーフレーム

13)マウスカーソルが上に来た時、反応させる範囲を設定します。
 これは実際のボタンでは表示されないので、色等は何でもOKです。
 又、ボタン上のみでOKな場合は、設定する必要はありません。
14)シーン1をクリックし、編集を終了します。
15)メニューの「ファイル」-「パブリッシュ」でswfファイルを作成し完了です。
フラッシュシーン1

スポンサーリンク





■このサイトの内容を利用して発生した、いかなる問題にも一切の責任は負いませんのでご了承下さい。■

FeedSoft