FeedSoft > お役立ちTips > WindowsVistaのエクスペリエンス インデックス

WindowsVistaのパソコンを買い換えたらエクスペリエンス インデックスしよう

Windows Vista パソコンを使い始め、あまりに遅いため我慢できずにパソコンを買い換えました。
HDDは同じものを使いました。
面倒な電話認証を乗り越え使っていましたが、動くはずのAeroも動かず、早さも体感できません。

なぜだと思いコントロールパネルをいろいろと調べていると、「Windowsエクスペリエンス インデックス」という機能があり、やってみると・・・早くなりました。
Aeroも動きます。
パソコンの買い替えやパーツ変更時はこれをしないと反映しないようです。
下記が実行手順です。

これで、CPUやグラフィックスの種類、メモリーやHDDの容量、利用できるグラフィックスメモリー(ビデオメモリー)の容量などが分かります。

遅いパソコンに変えた場合はどうなるのでしょうか?
ここで私が行った方法はあくまで参考例です。あなたのパソコンで行われる場合はあなた自身の責任で行ってください。

Windowsエクスペリエンス インデックスの操作手順

1)コントロールパネルの「システムとメンテナンス」をクリック
Windows Vista コントロールパネル

2)「パフォーマンスの情報とツール」の下の
  「お使いのコンピュータの Windowsエクスペリエンス インデックス基本スコアを確認」をクリック
Windows Vista システムとメンテナンス

3)「スコアを最新の情報に更新」をクリック
Windows Vista パフォーマンス

スポンサーリンク





Copyright(C) FeedSoft All Right Reserved