FeedSoft > お役立ちTips > バイオノートでマルチOS

バイオノート (VAIO PCG-FX33S/BP)でマルチOS

WindowsXPとWindows2000を持ち歩く必要がありまして、マルチOSにチャレンジしてみました。
ディスクトップなら比較的簡単で他にもHDDをリムーバブルするなど方法はいくらでもあるんですけど、ノートにはHDDが一台しかないのでパテーションを作成する必要があります。
しかし私のVAIOは最初からパテーションをきってあるのでこの必要はありませんでした。
結果、WindowsXPの起動はほんと早くなりました、うんざりしている人はマルチOSにしなくても入れ替えで早くなります。
ここで私が行った方法はあくまで参考例です。あなたのパソコンで行われる場合はあなた自身の責任で行ってください。

■注意■

  1. この方法で行うとVAIO付属の「MovieShaker」「PictureGear」等のアプリケーションは使用できなくなります。(私の場合はまったく使っていなかったというか、むしろ邪魔だったのでちょうど良かった)
    もし必要とされる場合、必ず実行前にネットでお調べください。たくさん情報があります。検索キーワードは「kcap」です。私は試していません。さらにWindowsXPも使用できなくなります。私はこの機会にProfessionalに変更しました。 
  2. 「Office XP Personal」は多分インストール可能かと思いますが、私はProfessionalに変更しましたので試していません。
  3. CD-RWはCDの読み出しは可能ですが、書き出しには専用ソフトが必要になります。私はBHA社の「B's Recorder Gold」と「B's Clip」を使用しました。「B's Recorder Gold」によるとドライブはTOSIBA DVD−ROM SD−R2002となっています。
  4. 必要なデータは必ずバックアップしておいてください。

■必要なソフトウェア■

  • 起動フロッピーディスク 「Format.COM」も必要です。 私はWin98の起動ディスクを使用しました。
  • Windows XP (以下 WinXP)
  • Windows 2000 (以下 Win2000)
  • CD-RW用書き込みソフト 私はBHA社の「B's Recorder Gold」と「B's Clip」を使用しました。

■失敗■

  • VAIOの初期はCドライブにWindowsXPがインストールされており、Dドライブはデータ用となっていました。もちろんHDDは1台なのでパテーションによってです。これならDドライブにWin2000をインストールすればOKではないかと思いやってみました。
  • インストール後、OS選択メニューが出たのでやったと思ったのですが、WinXPを選択するとまもなくフリーズしてしまいます。(Win2000は起動しました。) これではダメなので、最後ののぞみをかけ、Win2000インストール後WinXPの順で再度チャレンジしました。

■手順■

  1. CドライブにはWinXPがインストールされているので、このままではWin2000は入りません。そこでフォーマットします。まず起動フロッピーディスクで起動後、「Format.COM」でCドライブをフォーマットします。
  2. Win2000をCドライブにインストールします。
  3. WinXPををDドライブにインストールします。
  4. 再起動しOS選択メニューでどちらも正常に起動できるか確認しましょう。
  5. WinXPの当初、画面が小さいのでサイズを調整します。
    「ディスクトップ」右クリック「プロパティ」−「設定」タブで1024×768に変更します。
  6. WinXPのドライバーが正常か確認します。
    「コントロールパネル」−「システム」−「ハードウェア」タブ−「デバイスマネージャー」で確認した結果、「PCIモデム」に警告が出ています。システムリカバリーCDの3Of3で試してみます。
    警告が出ているデバイス名をダブルクリックし、プロパティダイアログを表示します。「全般」タブー「ドライバーの再インストール」−「次へ」−「次へ」−「CD-ROMドライブ」をチェック」−「次へ」を行った結果OKとなりました。
  7. WinXpにネット接続、CD-RW等のソフトをインストールし確認します。全て正常に動作しました。
  8. 次に再起動しWin2000で画面サイズを調整しようとした所変更できません。ドライバー不正なようです。
    ドライバーを確認します。
    「設定」−「コントロールパネル」−「システム」−「ハードウェア」タブ−「デバイスマネージャー」で確認した結果、「ディスプレイアダプタ」「メディアコントロールデバイス」「PCI Device」「インサーネットコントローラ」「不明なデバイス」が2個、警告がでていました。最低でもディスプレイは正常にしたいので、システムリカバリーCDの3Of3で試してみます。
  9. ドライバーをインストールしてみます。警告が出ているデバイス名をダブルクリックし、プロパティダイアログを表示します。「全般」タブー「ドライバーの再インストール」−「次へ」−「次へ」−「CD-ROMドライブ」をチェック」−「次へ」を繰り返した結果、「ディスプレイアダプタ」「メディアコントロールデバイス」はOKとなりました。もしかするとSONYサイトのWin2000のページから、ドライバーをダウンロードすると解消されるかもしれませんが、私の場合これで十分なのでこのままで進みました。
  10. 画面が小さいのでサイズを調整します。
    「ディスクトップ」右クリック「プロパティ」−「設定」タブで1024×768に変更します。
  11. Win2000に使用するソフトをインストールし、終了です。

■結果■

  • Vaioは起動が遅く、画面が出てからもHDDがしばらくカタカタといっている状態が続いていたのですがこれがなくなりました。ほんと長かった。ムダなソフトがいっぱい入っていたのでしょう。
  • WinXP、Win2000それぞれに同じソフトでバージョンの異なるソフトをインストールできる。
  • 問題なく動作しています。ただしネット接続はWinXPのみです(これで十分)
  • ゲームされる方はWindows98とマルチOSでお試しになったらいかがでしょうか。

スポンサーリンク





Copyright(C) FeedSoft All Right Reserved