Access2013でMSysObjectsを表示しオブジェクト一覧のクエリを作成する

データベースソフトの仕様書を作成したい時など、テーブルやクエリなどのオブジェクト一覧が欲しい時があります。オブジェクトの一覧はMSysObjectsテーブルに保存されていて、デフォルトでは隠されていて見えません。ここではMSysObjectsを表示し、クエリでオブジェクト名の一覧表を作成します。

スポンサーリンク




BackHome BackTipsへ Backメニューへ

Access2013でMSysObjectsを表示する

オブジェクトが表示されている左のナビゲーションパネルの上で右クリックします。
下の画像では「すべてのAccessオブジェクト」と表示されている部分です。
メニューが表示されるので、[ナビゲーションオプション]をクリックします。
メニューの[ナビゲーションオプション]をクリックする

ナビゲーションオプション ダイアログが開きます。
左下の「システム オブジェクトの表示」にチェックを入れます。
ナビゲーションオプションの「システム オブジェクトの表示」にチェックを入れる

これでMSysObjectsなどのオブジェクトが表示されました。
見分けられるように薄い文字で表示されています。
MSysObjectsなどのオブジェクトが表示された

MSysObjectsからオブジェクト一覧のクエリを作成する

リボンの[作成]〜[クエリ デザイン]をクリックします。
[クエリ デザイン]をクリックする

クエリのデザイン画面になり、テーブルの表示ダイアログが表示されるので、テーブルからMSysObjectsを選択します。
テーブルからMSysObjectsを選択する

MSysObjectsのフィールド一覧から、Nameフィールドを選択します。
MSysObjectsのフィールド一覧から、Nameフィールドを選択する

実行するとオブジェクト一覧が表示されます。
このクエリをレコードソースにし、レポートを作成すれば印刷することもできます。
オブジェクト一覧が表示できた

スポンサーリンク




BackHome BackTipsへ Backメニューへ

Copyright(C) FeedSoft