起動時の設定をVBAで行う : Access

Accessアプリケーションの配布を行う場合には特に、起動時の設定を行いユーザーに対し分かり易くする必要があります。

設定は、Propertiesコレクションの、各プロパティに指定します。

起動時の設定を無視させるには、Shiftキーを押しながらソフトを開いてください。

スポンサーリンク




BackHome BackTipsへ Backメニューへ

■ Access起動時の設定のプロパティ

スポンサーリンク


■ Access VBA 実行コード例

データベースウィンドウの表示の設定例です。

Option Compare Database
Option Explicit

'起動時に、データベースウィンドウを表示させない
Private Sub MySetPrpty()
    Dim db As Database
    Dim pr As DAO.Property
  
    Set db = CurrentDb
On Error GoTo Err
    'データベースウィンドウの表示設定
    db.Properties("StartupShowDBWindow") = False
    Set db = Nothing
    Exit Sub

Err:
    '起動時の設定がまだ設定されていない場合、エラーが発生するのでプロパティを作成し設定します。
    Set pr = db.CreateProperty("StartupShowDBWindow", dbText, "False")
    db.Properties.Append pr
    Set pr = Nothing
    Set db = Nothing
End Sub

Private Sub Form_Load()
    MySetPrpty
End Sub

スポンサーリンク




BackHome BackTipsへ Backメニューへ

Copyright(C) FeedSoft