Access : テキストボックスの入力から自動でフリガナをふる

名前などを入力すると、自動でフリガナがふれれば大変便利です。

フリガナを自動入力するには、名前などを入力するテキストボックスの、FuriganaControlプロパティにフリガナを入力するテキストボックスのコントロール名を二重引用符(ダブルクォーテーション) で囲み指定します。

下のサンプルの場合、Me!テキスト0.FuriganaControl = "テキスト3" となります。

スポンサーリンク




BackHome BackTipsへ Backメニューへ

■ サンプルソフト作成手順
1) Accessを起動し、「空のデータベース」をクリックします。
新規ウィンドウ

2) データベースウィンドウで「フォーム」を選択し、「新規作成」をクリックします。
  新しいフォームのダイアログが表示されるので、「デザインビュー」を選択し、「OK」ボタンをクリックします。
フォーム作成手順

3) フォームにテキストボックスとチェックボックスを配置します。
  名前: テキスト0
  フリガナ: テキスト3
  チェックボックス: チェック6
コントロール配置

4) 実行Accessフォーム
  漢字で名前を入力すると、フリガナがふられています。
フリガナのサンプルソフト

スポンサーリンク



■ Access VBA 実行コード

Option Compare Database
Option Explicit

Private Sub Form_Load()
        'フリガナの自動入力をONにする
    Me!チェック6 = True
    Call チェック6_AfterUpdate

End Sub

Private Sub チェック6_AfterUpdate()
    If Me!チェック6 Then
        'フリガナを自動でつける
        Me!テキスト0.FuriganaControl = "テキスト3"
    Else
        Me!テキスト0.FuriganaControl = ""
    End If

End Sub

スポンサーリンク




BackHome BackTipsへ Backメニューへ

Copyright(C) FeedSoft