AccessのVBAでSQLのCSNG関数を使い文字列を単精度浮動小数点数型 (Single)に変換する|フォーム実行例

CSNGで文字列を単精度浮動小数点数型 (Integer)に変換することができます。

SQL = " SELECT CSNG(フィールド名) FROM テーブル名 "
又は、
SQL = " SELECT CSNG(フィールド名) AS 名前 FROM テーブル名 "
Set rs = CurrentDb.OpenRecordset(SQL)

CSNG で文字列を単精度浮動小数点数型 (Integer)に変換することができます。
単精度浮動小数点数型は負の場合、-3.402823E38 〜 -1.401298E-45 になり
正の場合、1.401298E-45 〜 3.402823E38 になります。
変換結果は誤差が出る場合がありますので注意が必要です。

文字列が数値として扱えない場合、「抽出条件でデータ型が一致しません」のエラーが発生します。
文字列が単精度浮動小数点数型の範囲を超える場合、「オーバーフロー」のエラーが発生します。

例: SQL = " SELECT CSNG(距離) FROM 画像解析 "
画像解析テーブルの距離フィールドを単精度浮動小数点数型として取得します。

スポンサーリンク




BackHomeへ BackSQL Tipsへ

サンプルソフト
[実行時の画面]
「文字列を単精度浮動小数点数型に変換 CSNG関数」ボタンをクリックすると、
変換結果を右枠に表示します。
小数の数値を変換した場合に誤差が発生しているのが分かります。

■実行画面
変換フォーム

[サンプルデータ テーブル]
データID    文字
10   1
11   2
13 15.6
16    386.5678
17    -20.788
18 100
小数テーブル

スポンサーリンク



[コード]
Option Compare Database

Private Sub コマンド8_Click()
    Dim SQL As String
    Dim rs As Recordset
    Me!テキスト1 = "文字列" & vbCrLf
    Me!テキスト2 = "数値" & vbCrLf
    SQL = "SELECT 文字,CSNG(文字) FROM サンプルデータ"
    Set rs = CurrentDb.OpenRecordset(SQL)
    Do Until rs.EOF
        Me!テキスト1 = Me!テキスト1 & rs(0) & vbCrLf
        Me!テキスト2 = Me!テキスト2 & rs(1) & vbCrLf
        rs.MoveNext
    Loop
    Set rs = Nothing
End Sub

[変換できない場合のエラー]
文字を変換しようとした場合に発生したエラー
「実行時エラー 3464 抽出条件でデータ型が一致しません。」
エラーメッセージ

NULLを変換しようとした場合に発生したエラー
「実行時エラー 94 Null文字の使い方が正しくありません。」
エラーメッセージ

単精度浮動小数点数型( -32,768 〜 32,767)を超える文字を変換しようとした場合に発生したエラー
「実行時エラー 6 オーバーフロー
エラーメッセージ

サンプルソフトのダウンロード

スポンサーリンク




BackHomeへ BackSQL Tipsへ

Copyright(C) FeedSoft