SQL 「NOT」と「IN」を使い複数の指定値以外のレコードを抽出する

NOTとINを使い抽出

SELECT フィールド名 FROM テーブル名 WHERE フィールド名 NOT IN(値1 , 値2 , ・・・・・)
「NOT」と「IN」を組み合わせると「値1 と 値2 と ・・・・ 以外の」データを返します。

例: SQL = "SELECT 学生ID FROM 学生名簿 WHERE 出身 NOT IN ( '愛知' , '東京' , '大阪' ) "
この場合、出身が 愛知 と 東京 と 大阪 以外の学生IDを抽出します。
これをANDに書き換えると
SQL = "SELECT 学生ID FROM 学生名簿 WHERE 出身 <> '愛知' AND 出身 <> '東京' AND 出身 <> '大阪' "
になります。

スポンサーリンク




BackHomeへ BackSQL Tipsへ

サンプルソフト
[実行時の画面]
「IN 抽出」ボタンをクリックすると、学生名簿テーブルから出身が、
'富山県' と '長野県'以外のレコードを表示します。

SQL = "SELECT 学生ID,出身 FROM 学生名簿 WHERE 出身 NOT IN ( '富山県' , '長野県' ) "

SQL = "SELECT 学生ID,出身 FROM 学生名簿 WHERE 出身<>'富山県' AND 出身<>'長野県' "
と同じ結果になります。
サンプルソフトをダウンロードしお試しください。



[学生名簿 テーブル]
学生ID 体重  身長  出身
10    55.2  168.6  富山県
11    68.5  173.1  島根県
13    65.3  182.4  長野県
16    89.6  178.3  京都府

スポンサーリンク



[コード]
Option Compare Database

Private Sub コマンド8_Click()
    Dim SQL As String
    Dim rs As Recordset
    Me!テキスト1 = Null
    SQL = "SELECT 学生ID,出身 FROM 学生名簿 WHERE 出身 NOT IN ( '富山県' , '長野県' ) "
    Set rs = CurrentDb.OpenRecordset(SQL)
    Do Until rs.EOF
        Me!テキスト1 = Me!テキスト1 & rs![学生ID] & ": " & rs![出身] & vbCrLf
        rs.MoveNext
    Loop
    Set rs = Nothing
End Sub

サンプルソフトのダウンロード

スポンサーリンク




BackHomeへ BackSQL Tipsへ

Copyright(C) FeedSoft