AccessのVBAでSQLのRND関数で乱数を発生させる

乱数はVBAで出来るので必要ないかもしれませんが、SQLでも乱数を求めることができます。
VBAと同じく、RND関数を使います。

スポンサーリンク




BackHomeへ BackSQL Tipsへ

サンプルソフト

■実行画面
ボタンをクリックすると、10個の乱数をテキストボックスに表示します。
乱数を取得するフォーム

■実行結果
0.295772850513458
0.382010698318481
0.300970494747162
0.948571085929871
0.979829370975494
0.401374340057373
0.278279960155487
0.160441517829895
0.162821590900421
0.646587133407593

スポンサーリンク



[コード]

Option Compare Database

'乱数を発生させる
Private Sub コマンド8_Click()
    Dim SQL As String
    Dim rs As Recordset
    Dim i As Long
            Me!テキスト1 = Null
    SQL = "SELECT RND() AS 乱数"
    For i = 1 To 10
        Set rs = CurrentDb.OpenRecordset(SQL)
        Me!テキスト1 = Me!テキスト1 & rs(0) & vbCrLf
        Set rs = Nothing
    Next
End Sub

サンプルソフトのダウンロード

スポンサーリンク




BackHomeへ BackSQL Tipsへ

Copyright(C) FeedSoft