製品投入入力〜製品データ一覧:材料過不足Plus梱包材 For Access

製品の投入数の入力方法と製品データ一覧画面の説明です

スポンサーリンク




BackHome Back製造生産3 Back目次へ

(5)製品投入入力

投入の時点で、材料に分解され在庫から使用数分マイナスされます。
投入された時点で梱包材も含め、全ての材料が使用されるとはかぎりませんが、そこまで管理すると入力するデータ数が増加するため一度に使用されると仮定してください。従いまして、名前は投入としていますが、例えば納品時等の自社に応じたタイミングで入力してください。

1.投入した日付を入力します。

2.製品毎に投入数を入力します。

3.表上を右クリックで並び替え・抽出が可能です。
  ・例えば「名前スタンプ」で抽出する場合
   抽出したい製品名の上で右クリックします。次に「選択フィルタ」をクリックします。
  ・製品コードで並び替えしたい場合
   製品コードの列上で右クリックします。「昇順で並び替え」をクリックします。
  ・元に戻すには
   「フィルタ/並び替えの解除」をクリックします。

4.製品コードを入力しEnterキーを押すと、下表から検索し、その製品コード位置にカーソルを移動します。

5.入力データを印刷プレビューします。その後、印刷する場合は、プレビューウィンドウの「印刷」ボタンをクリックします。

6.製品投入データをExcelファイル、CSVファイル、Htmlファイルに保存します。

7.3の並び替えを記憶し、次回反映します。

投入、納品(出荷)等のタイミングで入力

スポンサーリンク



(6)製品データ 一覧

1.見たい製品をクリックします。

2.表上を右クリックで並び替え・抽出が可能です。
  ・例えば「角型スタンプ」で抽出する場合
   抽出したい製品名の上で右クリックします。次に「選択フィルタ」をクリックします。
  ・型番で並び替えしたい場合
   型番の列上で右クリックします。「昇順で並び替え」をクリックします。
  ・元に戻すには
   「フィルタ/並び替えの解除」をクリックします。

3.投入数と「投入数×単価」を日付単位で表示しています。

4.投入か金額の印刷プレビューを行ないます。その後、印刷する場合は、プレビューウィンドウの「印刷」ボタンをクリックします。

5.一覧をExcelファイル、CSVファイル、Htmlファイルに保存します。

6.2の並び替えを記憶し、次回反映します。

投入、投入金額を日付単位で表示

BackHome Back製造生産3 Back目次へ

スポンサーリンク




Copyright(C) FeedSoft