メインメニュー〜新規ファイルの作成:材料過不足Plus梱包材 For Access

メインメニューの操作説明と新規データファイルの作成方法です

スポンサーリンク




BackHome Back製造生産3 Back目次へ

(1)メインメニュー

■初めての場合
(1)「新規ファイルの作成」を行います。

■既にデータファイルがある場合
(2)「フォルダの変更」でデータファイルが存在するフォルダに変更します。
   (起動時の初期フォルダは前回使用したフォルダです。)
(3)左のリストから使用する年月のファイルを選択し

(4)「開始」ボタンをクリックします。

■小数設定
(5)製品単価、製品数量、材料単価、材料数量 のそれぞれの小数使用を設定します。

※小数桁を小さくした場合(例えば2桁から0桁へ)、現在入力済みの小数データは表示上は小さくなりますが、計算は入力された元の桁数で計算されます。注意してください。

■まったく新規のデータファイルを使用する場合
(6)初めに「製品マスター」を登録します。

(7)次に「材料マスター」で製品に使用する材料を登録します。

(8)日々の製品投入数を入力します。

(9)「一覧」で製品の現在の状況を閲覧、印刷を行ないます。

(10)材料の「月末在庫」を入力します。月末在庫とは今月開始時点での在庫数です。

(11)日々の材料の入出庫を入力します。

(12)「一覧」で材料の現在の状況を閲覧、印刷を行ないます。

(13)、(14)、(15)「生産計画」では生産の進捗状況と不足材料を算出します。

ダンボールなどの梱包用の資材の在庫管理が可能

スポンサーリンク



(2)新規ファイルの作成

1.使用する年月を入力し、作成先のフォルダを設定します。

2.作成先のフォルダを設定します。

3.作成条件を選択します。

・「指定ファイルからマスターと最終在庫数を月末在庫としてコピー」の場合
製品・材料マスターをコピーし、指定ファイルの最終日の在庫数を、作成ファイルの月末在庫にコピーします。

・「指定ファイルからマスターのみコピー」の場合
製品・材料マスターを作成ファイルにコピーします。

---------------------------------------------------- 
 上記3種の場合はコピー元ファイルを指定します。
 通常先月のファイルになります。

4.生産計画は下記の設定ができます。
  「来月データを今月にコピー」又は「今月データをクリア」
  通常前者になると思います。
---------------------------------------------------- 

・「新規に作成」の場合
 まったく新規のデータファイルを作成します。

在庫数を来月にコピーし作成可能

BackHome Back製造生産3 Back目次へ

スポンサーリンク




Copyright(C) FeedSoft