部品データ〜部品データ一覧:製造業向け在庫管理 Plus 生産計画 For Access

入庫数・不良数・返品数の部品データ入力方法と部品データ一覧画面の操作方法です

スポンサーリンク




BackHome Back製造生産2 Back目次へ

(9)部品データ

日々のデータを入力します。

・[入庫]  入庫の時点で部品生在庫は増加します。

・[不良]  不良の時点で部品生在庫は減少します。

・[返品]  部品に不具合が合った場合等の返品です。返品された時点で生在庫は減少します。

1.入力する製品をクリックします。

2.製品リストの並び替えを行います。

3.選択された製品で使用されている部品の一覧を表示しています。入力する部品をクリックします。

4.部品リストの並び替えを行います。

5.入庫数を入力します。

6.不良数を入力します。

7.返品数を入力します。


スポンサーリンク



(10)部品データ 一覧

日々の製品データと部品データ及び合計を一覧表示します。

・[仕掛在庫]計算は下記の通りです。
1日:「仕掛月末在庫」+「製品投入」-「製品納品」-「製品不良」+「製品返納」の分解数
1日以降:「前日の在庫」+「製品投入」-「製品納品」-「製品不良」+「製品返納」の分解数

・[生在庫]計算は下記の通りです。
 1日:「生月末在庫」-「製品投入」+「入庫」-「不良」-「返品」
 1日以降:「前日の生在庫」-「製品投入」+「入庫」-「不良」-「返品」

1.見たい製品をクリックします。

2.製品リストの並び替えを行います。

3.製品名からあいまい抽出を行ないます。
例えば下画像の場合、”赤”が含まれる製品名のみ表示します。

4.選択された製品で使用されている部品の一覧を表示しています。見たい部品をクリックします。

5.部品リストの並び替えを行います。

6.製品データの分解データを日付単位で表示しています。

7.仕掛在庫を日付単位で表示しています。

8.部品データを日付単位で表示しています。

9.生在庫を日付単位で表示しています。

10.入力値の合計を表示しています。(仕掛在庫・生在庫は日々の推移ですので、合計はありません)

11.選択された部品の月末在庫を表示しています。

12.一覧データをExcel又はCSVファイルに保存します。

13.データの推移をグラフ印刷プレビューします。印刷する場合は、プレビューウィンドウの「印刷」ボタンをクリックします。

14.一覧データを印刷プレビューします。印刷する場合は、プレビューウィンドウの「印刷」ボタンをクリックします。
印刷開始前に現在表示している部品か、現在表示している製品に使用されている部品か、全部品かを選択してください。
全部品の場合、印刷ページは大量になりますので注意してください。  

15.Excelで印刷を行ないます。書式を自由に作成でき保存も可能です。
印刷を行なうには、Excelのテンプレートファイルが必要です。「(12)Excelのテンプレートファイルの作成方法」を参照してください。
(Windows98やデータ数が大量の場合正常に動作できない場合があります)

16.集計日での集計結果の印刷プレビューを行ないます。

17.集計日での集計結果をExcel又はCSVファイルに保存します。

18.集計日での集計結果をHTML形式で保存し、保存後表示します。
   表示する為にはHTMLファイルがエクスプローラー等に関連付けられている必要があります。



「データ推移グラフ」


「HTML保存」

BackHome Back製造生産2 Back目次へ

スポンサーリンク




Copyright(C) FeedSoft