投入計画、納品計画〜Excelの計画印刷テンプレートファイルの作成方法〜設定:製造業向け在庫管理 Plus 日々計画 For Access

今月・来月・来来月の投入計画数と納品計画数の入力、Excel印刷用テンプレートファイルの作成方法、小数の設定方法です

スポンサーリンク





BackHome Back製造生産3 Back目次へ

(19)投入計画、納品計画

今月〜来来月の投入計画、納品計画を入力します。
このデータを元に指定された集計日で、部品不足と納品実績を算出します。
入力された「来月生産計画」のデータは、来月度のデータファイル作成時には「今月生産計画」データとして引き継ぐことができます。
「来来月生産計画」のデータは、来月度のデータファイル作成時には「来月生産計画」データとして引き継ぐことができます。

1.入力する製品を選択します。並べ替え、抽出方法は「製品データ」入力方法と同じです。

2.今月のデータを入力します。

3.来月のデータを入力します。

4.来来月のデータを入力します。

5.Excel,CSV形式で保存します。



「部品不足一覧印刷例」


「納品実績印刷例」


スポンサーリンク




(20)Excelの計画印刷テンプレートファイルの作成方法

下図のように印刷したい項目を印刷したい位置に「##項目名」の形式で入力します。
全ての項目を設定する必要はありません。

「##開始」〜「##終了」の間でデータを印刷します。
下図の場合、「##終了」はデータの1行下ですから、1行間隔で埋めていくことになります。
データは行の下方向にのみ印刷します。
「##投入計画」〜「##納品計画」は1日〜最終日までのデータを連続した列に印刷します。

※下図又は、添付のExcelサンプルファイルを参考にし作成してください。

「生産計画」Excelテンプレート例

(21)設定

チェックすると部品単価に小数を使用できます。

フォームにも表示されていますが、既に部品単価入力済みファイルを「小数有り」から「小数無し」に変更する場合注意が必要です。

「小数無し」に変更した場合でも、計算は設定されている小数で計算されます。
その場合は、マスターの部品単価の小数部分を削除してください。


BackHome Back製造生産3 Back目次へ

スポンサーリンク






Copyright(C) FeedSoft