「設備管理」 For Access の使用方法

部品のメーカー・型番・在庫数等のデータ入力方法と画像登録方法

スポンサーリンク




BackHome Back製造・生産へ Back目次へ

(5)部品登録

ここで部品の必要在庫と現在の在庫数も設定します。
部品が入出庫された場合、この在庫数に反映されます。在庫の過不足はこのデータで計算します。
もし棚卸等で在庫数の調整をされる場合、この在庫数を変更してください。

1.必要なデータを入力します。
部品名は必ず入力してください。部品名は見積・発注でも使用しますので、一般名で入力してください。

例えば、”モータ上部のマイクロスイッチ”ではなく”マイクロスイッチ”とし、”モータ上部”は説明欄に入力してください。
コードは「設定」画面で設定すると自動で付けることができます。

2. 1個の部品に画像を3個登録できます。
  画像下ボタンか画像枠上を右クリック - 画像の追加、変更、削除、印刷が可能です。
  画像枠上を左クリック - 画像ビューで拡大・縮小し見ることができます。
  「画像操作」を参照してください。

3.登録されている部品リストです。クリックすることで修正できます。

4.さらに部品を追加するか修正します。(F12キーでも可)

5.見積・発注用のデータに追加します。下表から部品を選択しこのボタンをクリックします。

6.削除する場合は、まず削除したいデータをリストから選択し「削除」ボタンをクリックします。
部品を削除すると、その部品がなくなる訳ですから、その部品に関する入出庫、見積・発注用データも全て削除されます。

7.データをプレビュー、印刷するボタン
  事前に左のコンボボックスで印刷書式を選択してください。

8.データを先頭・最終に移動させるボタン

スポンサーリンク



a.データリストの並び替えを保存し、次回表示時に反映します。

d.チェックすると画像を表示します。

c.チェックすると新規入力時、コード入力をパスします。

d.日本語入力方法を設定します。
  コンボボックスの場合はリストの並べ替え順を設定します。

e.部品発注先マスター画面に移動します。

f.初回の登録日と更新日を表示しています。

g.画像の表示方法を設定します。
  Z: 画像を実際のサイズで表示します。
  C: 枠のサイズに合わせて画像を拡大または縮小します。
  S: 画像の縦横の比率を変更せずに、サイズを調整して画像全体を表示します。

h.データリスト上で右クリックするとメニューが表示されます。
  これにより、フィルタ(抽出)と並び替えが可能です。
  ・選択フィルタ:カーソルがあるデータで抽出します。
  ・非選択フィルタ:カーソルがあるデータ以外で抽出します。
  ・フィルタ並び替えの解除:抽出、並び替えを解除します。
  ・昇順、降順で並び替え:カーソルがある列の並び替えを行います。


BackHome Back製造・生産へ Back目次へ

スポンサーリンク




Copyright(C) FeedSoft