「画像DB」 For Access の使用方法



画像毎に説明文を付ける事ができるので、商品カタログ・手順書・説明書・アルバム等に最適です。 営業先・現場等の出先での説明にも便利だと思います。

●特徴

一つの題名に対し画像をいくつでも登録できます。

USBカメラ・キャプチャーボード等からキャプチャーし静止画をBMP、JPEG形式で保存できます。
ノートパソコン+USBカメラでその場でデータベース化できます。
非常に手軽ですし、現在USBカメラは非常に安価なのでお試しいただきたいと思います。
顕微鏡(マイクロスコープ)タイプのUSBカメラを使用し品質管理などの用途にもいかがでしょうか。
(機器や環境によっては動作できない可能性もあります。ご自分の環境でご確認ください)

BMPファイルは自動的にJPEG形式で登録できます。
BMP、JPEGファイルはサイズを自動的に縮小し登録できます。
BMP、JPEGファイルは画像の回転、明度の調整、サイズ変更が可能です。

画像ファイルはデータベースには埋め込まないので肥大化しません。
画像ファイルはコピーし使用しますので、元ファイルが削除等されても影響を受けません。

説明文付き、画像のみ等各種印刷が可能です。

画像はズームし表示できます。

題名毎に並び替え・抽出が可能です。

表示可能な画像の種類は、Bmp, jpg, gif, png, emf, wmf, rle, dib, icoです。
(ファイル形式やAccessの環境によっては使用できない場合があります。下記のその他もご覧ください。)

データファイルはリンクファイルですので、いくつでも作成できます。

●はじめに

「画像DB For Access2000」にはAccess2000が必要です。
「画像DB For Access2002」にはAccess2002が必要です。

【インストール方法】

ダウンロードされたファイルは圧縮されています。
1)「ファイル名を指定して実行」を実行すると解凍できます。

2)解凍後 Access2000の場合imgdb2k.mdeを、Access2002の場合imgdbxp.mdeを実行してください。試用版では使用制限があります。

最新情報も含め、README.TXTを御覧ください。
完全版と、印刷書式等を変更したい方にはソースファイルもありますのでご利用ください。






BackHome Back画像関連ソフト

Copyright(C) FeedSoft