一時テーブルへ取込み:アクセスToアクセス

取り込み結果を確認し、必要であれば空白フィールドをデータで埋めます

スポンサーリンク




BackHome Backツールソフトへ Back目次へ

(4)一時テーブルへ取込み

1.実行時のメッセージを表示します。

2.一時テーブルへの取り込み結果を表示します。
  ここでデータを入力したり修正することができます。

3.実際にコピー先ファイルにコピーします。

4.特定のフィールドを指定データで埋めます。

a.表の左端で右クリックすると表示されるメニュー
b.表上で右クリックすると表示されるメニュー

スポンサーリンク



■データを埋める

1.埋めるフィールド名を選択します。

2.埋めるデータを入力します。

3.開始します。


実行結果

スポンサーリンク




BackHome Backツールソフトへ Back目次へ

Copyright(C) FeedSoft