Access:テキストフィルター・フォームフィルターの解除方法

テキストフィルター・数値フィルター・フォームフィルターの解除方法を解説しています。

スポンサーリンク



BackHomeへ BackAccessテーブルへ

フィルターとは指定したデータでレコードを抽出する機能のことです。

テキストフィルターの使い方については「テキストフィルターの抽出方法|テーブルのレコード」を参照してください。

数値フィルターは数値を、テキストフィルターは文字列を抽出できる機能で操作方法は同じです。

フォームフィルターの使い方については「複数条件で抽出できるフォームフィルターの使用方法」を参照してください。

ここでは設定したフィルターを解除する複数の方法を解説しています。

関連する「Access:べ替え方法(ソート方法) - テーブルを昇順か降順で」を参照してください。




テキストフィルター・フォームフィルターの解除方法

テキスト(数値)フィルターを設定し解除する

テキストフィルターを設定します。数値フィルターも同様の方法です。

カーソルをフィルターを設定するフィールドに移動します。

テキスト(数値)フィルターを設定する

リボンの[ホーム]〜並べ替えとフィルター グループの[フィルター]をクリックします。

表示されるメニューの[テキストフィルター]〜ここでは[指定の値を含む]をクリックします。

メニューの[テキストフィルター]を選択する

ユーザー設定フィルターダイアログボックスが開くので、ここでは「そば」が含まれるレコードを抽出します。

ユーザー設定フィルターダイアログボックス

テキストフィルターを解除する3種類の方法

・テキストフィルターの解除方法1

リボンの[フィルターの実行]をクリックします。

これでフィルターの設定を保持したまま、フィルターを解除できます。

もう一度[フィルターの実行]をクリックすると、解除前に戻ります。

リボンの[フィルターの実行]をクリックする

・テキストフィルターの解除方法2

リボンの[詳細設定]〜[すべてのフィルターのクリア]をクリックします。

[すべてのフィルターのクリア]をクリックする

・テキストフィルターの解除方法3

設定したフィールドの上で右クリックし、表示されるメニューの[〇〇のフィルターのクリア]をクリックします。

メニューの[〇〇のフィルターのクリア]をクリックする

スポンサーリンク



フォームフィルターを設定し解除する

リボンの[ホーム]〜並べ替えとフィルター グループの[詳細設定]をクリックします。

次に表示されるメニューの[フォームフィルター]をクリックします。

メニューの[フォームフィルター]をクリックする

複数条件でフォームフィルターを設定します。

郵便番号フィールドに "*65*" 、住所フィールドに "*十日*" と入力します。

先頭の「Like」は入力しなくても自動で付きます。

これでフォームフィルターが設定され、郵便番号に「65」が含まれていて、住所に「十日」が含まれるレコードが抽出できます。

複数条件でフォームフィルターを設定する

テキストフィルターを解除する3種類の方法

・テキストフィルターの解除方法1

リボンの[フィルターの実行]をクリックします。

これでフィルターの設定を保持したまま、フィルターを解除できます。

もう一度[フィルターの実行]をクリックすると、解除前に戻ります。

リボンの[フィルターの実行]をクリックする

・フォームフィルターの解除方法2

リボンの[詳細設定]〜[すべてのフィルターのクリア]をクリックします。

[すべてのフィルターのクリア]をクリックする

・フォームフィルターの解除方法3

解除したいフィールドの上で右クリックし、表示されるメニューの[〇〇のフィルターのクリア]をクリックします。

メニューの[〇〇のフィルターのクリア]をクリックする

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccessテーブルへ

Copyright(C) FeedSoft