Access VBAでテーブルを削除する方法|メッセージで確認

VBAのテーブル削除は「DoCmd.DeleteObject acTable」で行います。

スポンサーリンク



BackHomeへ BackAccessテーブルへ

テーブルを削除するには「DoCmdオブジェクト」の「DeleteObjectメソッド」を使用します。

DeleteObjectメソッドの引数「ObjectType」には「acTable」をセットします。

構文は「DoCmd.DeleteObject acTable , テーブル名」になります。

ここでは、msgboxを使用し、「削除してもよろしいですか?」の確認後、削除するようにします。

テーブルを削除すると元に戻すことができません、なのでこのような確認が必要です。

アプリで使用する場合は、下のVBAコードをコピー&ペーストしご利用ください。


関連する「SQL テーブルから全データを削除する」を参照してください。




テーブルを削除するAccess VBA

フォームを作成しコマンドボタンクリックイベントにVBAを入力する


● フォームの作成

フォームにコマンドボタンを配置し、クリック時イベント内で削除を行います。

削除するテーブルは、矢印部分の「T-abc分析」です。

フォームにコマンドボタンを配置

スポンサーリンク




● VBAの入力

下記のVBAコードを入力します。

VBAコードを入力

Option Compare Database
Option Explicit

Private Sub コマンド0_Click()
    Dim nret As Long
    
    nret = MsgBox("「T-abc分析」テーブルを削除してもよろしいですか?", _
        vbYesNoCancel + vbExclamation, "Access VBA")
    
    If nret = vbYes Then
        DoCmd.DeleteObject acTable, "T-abc分析"
        
        MsgBox "削除しました。"
    End If
    
End Sub


● 実行結果

[テーブル削除]ボタンをクリックすると、「T-abc分析」テーブルを削除してもよろしいですか?」と表示されるので[はい]をクリックします。

[テーブル削除]ボタンをクリックする

これで、指定したテーブルが削除され表示されなくなりました。

指定したテーブルが削除された

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccessテーブルへ

Copyright(C) FeedSoft