Access:インデックス

インデックスとは、検索やソート(並べ替え)を早くするための索引のことです。

インデックスのプロパティは、「いいえ」と「はい(重複あり)」と「はい(重複なし)」から選択できます。

スポンサーリンク



BackHomeへ BackAccessテーブルへ



「はい(重複あり)」には、名前や郵便番号等に設定されます。
「はい(重複なし)」には、電話番号やメールアドレス等に設定されます。

Access連絡先テーブルの「会社電話番号」のインデックスを設定しているところです。
下記のインデックスに対する説明が表示されています。
インデックスを使うと、検索や並べ替えをすばやく行うことができます。ただし、更新が遅くなることがあります。「はい(重複なし)」を選択すると、重複する値がフィールドに入力されることを防ぐことができます。
連絡先テンプレートのインデックス設定画面

スポンサーリンク



テンプレートの連絡先サンプルテーブルは、下記のフィールドがインデックスに設定されています。
連絡先テンプレートのインデックス設定状況

自動的にインデックスを設定する。
Accessオプションの「オブジェクトデザイナ」-「テーブルデザイン」-「インデックスを自動作成するフィールド」に文字列を入力します。
入力された文字列をフィールド名の先頭か末尾に設定すると、自動的にインデックスに設定されます。
複数設定する場合は「;」で区切ります。
Access2007の初期値は、ID;番号;コード が設定されています。
Accessのオプション画面

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccessテーブルへ

Copyright(C) FeedSoft