Access:添付ファイル型フィールドの使い方:設定と入力を解説

文書や画像のファイルを保存できる、添付ファイル型についての解説を掲載しています。

スポンサーリンク



BackHomeへ BackAccessテーブルへ

添付ファイル型のフィールドはAccess2007で追加された機能で、Excelや画像ファイル等を保存することができます。

1つの添付ファイル型には、複数のファイルを保存できます。

ここでは設定方法と入力方法の手順を、画面画像で説明しています。

関連する「添付ファイル型を使った場合のファイルサイズ」を参照してください。



添付ファイル型フィールドの設定と入力方法

設定手順

添付ファイル型のフィールドを使用したテーブルを作成します。

リボンの「ファイル」-「テーブル デザイン」をクリックします。

テーブルの作成開始

フィールドを設定します。

ここでは下のようにフィールド名とデータ型を設定しました。

  • ファイルID - オートナンバー型
  • ファイル名 - 添付ファイル型
フィールドを設定する

リボンの「表示」をクリックし、テーブルを表示させます。

テーブルを表示させる

「まずテーブルを保存する必要があります。」とメッセージが表示されるので「はい」をクリックします。

保存してもいいですか?のメッセージ

保存するテーブル名を入力します。

ここでは「T_ファイル」と名づけました。

名前を付けて保存ダイアログボックス

添付ファイル型の入力手順

テーブルの入力画面です。

ファイルは未保存なので(0)と表示されています。

添付ファイル型のフィールドに入力するには、セル枠内をダブルクリックします。

フィールドをダブルクリックする

添付ファイルダイアログボックスが開くので、「追加」ボタンをクリックします。

すると、ファイル選択ダイアログボックスが開くので、通常通りファイルを指定します。

これで左表のようにファイルが追加され表示されます。

添付ファイルを追加する

スポンサーリンク



複数ファイルの添付例

下のように複数のファイルを添付することができます。

添付ファイルを開く

添付ファイルを追加したテーブルです。

1番目のレコードが(1)、2番目のレコードが(3)とファイル数が表示されています。

テーブルを開く

添付ファイルを開くには、フィールド枠をダブルクリックし、添付ファイルダイアログボックスを開きます。

左表のファイルを選択し、「開く」ボタンをクリックします。

これで関連付けられたアプリでファイルが開きます。

添付ファイルを開く

スポンサーリンク




BackHomeへ BackAccessテーブルへ

Copyright(C) FeedSoft